FC2ブログ

犬と飼い主は似るのか?

わんこ病院で暮らしているわんこ先生んちの茶太郎(仮名)は、わんこ先生や奥さんや知り合いから「ブサイク」と言われる気の毒な奴である。

以前黒ラブのほのか先生も「ブサイクでオヤジ顔」と言われていたけど、同じ系統だと思われる。

でも時々ふっとした表情がわんこ先生にそっくりなんだよなぁと、先生に言ったら「うわぁ、それはショック」とわんこ先生。

しかしながらこの意見は私だけではなく、先日とある来客があり、その方(同じわんこ先生のところへ通っておられる)もおっしゃっていた。
「あの犬だんだん先生に似てきたわよね。やっぱり飼い主に似てくるのね」としみじみされていた。

ほら。どうよ。

茶太郎だけではなく、最近わんこ先生の綺麗な奥さんもわんこ先生に似てきている。
こちらは顔じゃなくて時々嫌みをおっしゃり、なんとなくその嫌み加減や性格がわんこ先生に似てきている気がする。やだやだ。

茶太郎はそんなところは似ずに、今のまま陽気で明るくまっすぐな性格ですくすく育って欲しいと願う。

ところでうちの場合、くるみは私に似ていない。
私は人見知りなんてしないし外面が素晴らしく良い。(自分で言うなって)

それに私はくるみみたいに、あれほど我が儘じゃないと思うのだけど?
顔も似てないし。

ということは、私はくるみの飼い主じゃないってことなのか?
うむ。
スポンサーサイト



22:50 | わんこ先生 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/792-3375b5a9