FC2ブログ

050717.jpg

きっとつぎにわんこを迎えるとしたら、年齢、体力的に最後のわんこになるかなぁと。

体力のあるうちにもう一匹と思うのだけど、今は新しいことを始めたばかりだし、全てにおいて余裕は無い。

夢は供血犬を育てることなんだけど、供血出来る血液型のわんこを探すのも結構大変らしい。
でもうちの場合伝ちゃんもくるみもOKな血液型だったし、一週間お世話になった黒ラブほのか先生も供血できる血液型だった。
他にも知り合いのゴールデン2頭もはやっぱり供血出来るタイプだったし、洋犬に多い血液型なので、案外大丈夫じゃないの?と思ったのだけど「そんなに簡単に見つかるモノじゃないです」とわんこ先生に真顔で言われて、そうか、やっぱりちゃんと探さなくちゃダメかと。

供血犬に興味が出たのは、伝兵衛の時に助けて貰ったこともあるけど、それ以前からもネットでわりと頻繁にわんこの献血のお願いが回って来ていたので、出来れば協力したいなぁと思っていた。血が無くて諦めなきゃいけないなんて切なすぎるし。

とは言え、連絡が回って来るのはもっぱら関東方面ばかりなので、関西ではまだそういう活動はないのかもしれない。

くるみは供血出来る血液型だけど、持病があるので、供血はお奨めできないとわんこ先生に言われた。
薬を飲んでいるから血が使えないのか?と伺ったらそういうことじゃなくて、血は使えるけど、大量に血を抜くとくるみに支障が出る可能性があるとのこと。
だからそんなことはしたくないって断られちゃった。

くるみさんに関しては病気発覚でいろいろな夢が破れているだけに、次のわんこ、とくに生涯でラストのパートナーになるかもしれないわんこは、是非供血できるわんこが良いなぁなんて、贅沢なことを考えている。

ゴールデンかラブか、はたまたゴールデンとラブのミックスで、供血出来る血液型で、お利口で健康なわんこがいたら良いなぁ。
なんてもの凄い選り好みしている私。無理か。

里親になるのも考えたけど、ひとり暮らしには譲って貰えないところばかりでダメみたい。がっかり。

ところで、昨日は5月の陶芸教室で作った、くるみさんのわんこ皿が焼き上がっていた。
本当はご飯入れのつもりで作ったのだけど、焼いたら想像以上にサイズがちっこくなってしまい、結局おやつ入れになってしまった。

扇風機の前に陣取り「食べても良い」の合図を待つお嬢様。
ご飯は食べなくてもおやつは食べるんだよなぁ。
スポンサーサイト



10:58 | 供血犬 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/586-03d5a49d