FC2ブログ

050419.jpg

今朝張り切ってコンビニまで行ったのに、最寄りのファミマには「ほんじゃが」が無かった。がっかり。

お買い物の間は表の公衆電話にくるみさんをくくりつけて待たせておくのだけど、お嬢様、じーーーーっと恨めしそうな顔で中を覗く。

コンビニは「盲導犬」しか入れないんだよ。
あんた、盲導犬のフリも出来ないぢゃん。

バイトのお姉さんは久しぶりだった。
暫く見かけなかったから辞めたのかと思ったら復活したらしい。
「ちょっと太りましたね」
え?私?と一瞬動揺したら
「以前は本当に痩せててガリガリだったけど、ふっくらしてゴールデンらしくなってきましたね」
「ああ、犬ね」と、ちょっとほっとした。(笑)
「ずっとお母さんを見てますよ。可愛いですね~」
「あなた、だまされてるよ」
「ええ?そうですか?」

このお姉さん、本当に愛想が良くて、いつもなんだかんだ話しかけてくるので、ついつい長話になってしまい、しまいにお嬢様待ちきれずに泣きが入る。(苦笑)

今日は1日自宅であれこれ作業をしつつ、ふと気付けばお嬢様がいない。

巣穴にもテーブルの下にもちゃぶ台の下にも。
げげげっ!脱走か?と玄関を見たけどちゃんと網戸が閉まっている。
どこに行った?
「くるみ~」と呼んでもでてこない。
というか、いつも呼んで素直に来るのは、私がおやつを持っているときだけだし。

はて?と思ったら、かすかにお風呂場から物音が。。。

お嬢様、今日は暑かったのか、お風呂場でみっしりなりながら涼んでおられた。
「くるちゃん、お風呂場嫌いじゃなかったの?
言ってられないくらい暑かった?」
と聞いても、やる気のな顔で見上げるだけだった。

いつもお風呂場のタイルにぺちゃっと体をくっつけて涼んでいた伝兵衛爺さんを思い出した。(笑)
そのだらけ加減がやっぱゴールデンかも。
スポンサーサイト



19:21 | くるみ | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/485-5ad5ea62