お帰りなさい。

10年振りくらい?
知り合いのところに里子に行っていたのだけど、忙しくて全然弾けないからと言うことで夕べ戻って来たチェロ。
17061202.jpg
私は15年前?にレッスンを始めてすぐに先生がフランスに留学してしまい、チェロは「構えるところ」までしか出来ておらずまだ音が出せないけど、とりあえず再チャレンジしてみるかと。

落ち着いたら先生を探そう。
ヘ音記号読めへんけど。

それで昨日は夜勤明けで滋賀のフィガロホールへ。
17061201.jpg
林さんのチェロは本当に気持ち良い。
至福の1時間だった。

林さんは最近「埋もれてしまっているチェリストが書いた作品」を発掘し録音や演奏会を通じて広める活動をされており、コンサートのプログラムも聞いたことが無い曲がいくつもあって楽しい。
クラシックの曲で全く知らない曲なのに、林さんの手にかかるとどこかノスタルジックで心地よい。

それで、フィガロホールに初めて行った。
とても小さいホールだけど、落ち着いた雰囲気の心地よい空間だった。
チェロとピアノの音がふわ〜っと広がり包まれる感じが最高。

通崎先生が木琴デイズを開催されている京都文化博物館の別館ホールも好きだけど、フィガロホールも素敵だわ。
すぐ近くが琵琶湖なので、カフェでもあれば最高だな。

今まで宝くじが当たったら「ドッグカフェ」が夢だったけど「小さなホール」に心が動く。
先日通崎先生の木琴コンサートで訪れた宇治の「ラ・ネージュ」さんも素敵だったな。

ああ、小さなホールを作りたいかも。
快晴の琵琶湖に広がる妄想。

フラフラの夜勤明けだったけど、そんな平和な1日だった。

で、チェロの弦を調整中はハウスな弥太郎。
17061203.jpg
ケージがちっこくなってきたな。
スポンサーサイト
08:10 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
邪魔な奴。 | top | 弥太郎「かまい隊」

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/3241-b7e8531f