初めての介護保険申請。

昨日は夜勤明けで高速を飛ばし実家へゴー。
両親の介護保険の申請完了。

最初自分で申請しようと思ったのだけど、後々を考えて包括と顔を繋いでおく方が良いかと地元の包括に「すみません、介護保険の申請がよく分からないので〜」と連絡をして代行して貰う事にした。

おかんはともかく親父はどう考えても、出たとしても「要支援」だろうから。

でも包括に頼んで良かった。
申請用紙に書き込むとき色々質問を受けるのだけど、それを横で見ていて「なるほど」と参考になる事山盛り。
やっぱ餅は餅屋やね。

で、肺癌ステージ4の母の面接中、2月末に大腸癌ステージ3でオペをした兄が登場。
その2人の明るい様子に包括さん驚愕。

いちおう事前に「弱った様子でおりや!」と釘を刺していたけどあかんかった。

「もう骨まで行ってて手術も出来ず抗癌治療しか無いらしいけど、治療で現状維持出来るのが目標です。でもどうなるかわからへんし、あかんかったらあかんで色々整理しとかなあきませんしね」と笑いながら母。

包括の人にサービスの希望を聞かれ「現状維持が出来たとしたら退院後の通院介助と介護タクシーが希望です。今も立ち上がりと歩行が困難なので、歩行補助の福祉用具購入と、それと肺癌なので状態によってはギャッチアップのベッドが必要になるかもしれませんしそうなると車椅子も必要かと。。。」と私。この段階で正体がバレてしまう私。包括さんごめんなさい。

玄関先に包括さんを見送りに行ったとき
「今まで何人もの方とお会いしましたけど、癌の宣告を受けてこんなに前向きで明るい方にお会いしたことがありません」ですって。

まぁ、どうなるかわからんけど、とりあえず今日から入院。
主治医に介護保険の件を伝えるよう包括さんに言われたので、昨日施設に連絡して急遽休みを頂き入院に付き添う予定。

今日は浅野(仮名)もキャロもダメなので、弥太郎は留守番させとくかと思っていたら、アニキィが来てくれることになった。
有り難いわぁ。。。感涙。

夕べは9時過ぎから意識を失ってしまい、朝起きたらおしっこまみれになっていたので朝からシャンプーをして一休み。
くるみ、幸之助と代々使っていたボンボンベッドとまん丸クッションを出してやったらおおはしゃぎ。
17060101.jpg
特にまん丸クッションが気に入ったらしい。

ボンボンベッドに乗せていたのに自分で引きずりおろしてクッション使用。
17060102.jpg
人の布団を噛みたおすくせに、噛み噛みせずに普通に使っていた。
何で?
スポンサーサイト
07:19 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
出張パピー教室。げらげら。 | top | 暑いわ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/3232-d35f21cc