神と呼ばれる男。

うちの施設には神がいる。
それは相談員。

彼は毎日出勤と同時に全フロアを回って利用者さん全員に声をかけて歩く。
最初それを見たときに驚いた。
だって今までの相談員はそんなことしてなかったし、施設長だってやってない。

さらに時々しか出勤していない私を見ると必ず「あ、お久しぶりです」って.必ず声をかけてくれる。
なので私も「まだクビにならずにおりますねん」と言うと「僕もです」って笑ってくれる。
いやいや、あんたがクビになったらあかんやろう。げらげら。

そしてどんなにややこしい(介護士側から一方的に見てだけど)利用者さんから呼び止められたり、どんな訴えにも真正面から真摯に受け止めている。
これぞ「傾聴」やなって感じ。

あの姿は「神」以外の何モノでも無いと、私と浅野(仮名)は彼の事を「神」と呼んでいる。

時々利用者さんの言葉に「イラっ」としてしまう自分がいて、そんなときは神を思い出す。
時々担当している受講生さんにも「イラっ」とすることがある。
そんなときも「神」を思い出す。

そして今日も神を思い出して頑張ろう。
あと3日で彼らに伝えきれるのかめっちゃ不安だけど、頑張れ私。
スポンサーサイト
07:11 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
入院だより。 | top | ビフォーアフター

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/3150-583b02e6