ミシンが壊れた。

私の愛機、JUKI SOUR98special。

やっと重い腰を上げて知り合いの先生から頼まれていたバッグを作っていたら、ポキッという不吉な音が。。。
見ると針に糸を通す前に引っかける所があるのだけど、そこが見事に折れていた。がーん。
16072401.jpg
場所的に無理に引っ張ったわけでもないので金属疲労か?

まぁ、20年くらい使ってるからなぁ〜。

あああ、後裏地を縫い付けるだけだったのにどうしよう。。。
と、途方に暮れた。

ミシンはもう一台、ポータブルミシンがあるので、それで仕上げるかと思いつつ、ちょっと気を取り直し、一番近くにあるミシンの修理を頼めるお店をタウンページで検索して連絡した。

それで事情を説明して修理可能か聞いたら
「ああ、そこなら無くても縫えますよ。もちろん修理出来ます。それなら部品交換だけで大丈夫だと思います」
と、明るい声のお姉さん。

マジっすか?
ミシンを踏んで45年。(実家は縫製業だったので、実家には工業用ミシンがあった)
ここが無くても縫えると言う事を知って驚愕。

ミシンはちょっとしたことで調子が悪くなるから、いかなる部品も欠かしてはならぬと思い込んでいた私。

とりあえず部品のオーダーをお願いして、続きを縫うことにしたら、本当に縫えた。
16072402.jpg
後は持ち手をカシメたら終了。

良かった〜。

そんな風に飼い主があたふたする中、クーラーの風が直撃する場所でへそ天な幸之助。
16072403.jpg
どんだけだらけてるねん?
スポンサーサイト
12:05 | てづくり | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
朝から高カロリー。 | top | 謎すぎる幸之助。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/3063-241d7518