認知症予防のマリンバレッスン

今マリンバのレッスンで全く初めての練習曲にチャレンジしているのだけど、譜面を見ながらめっちゃ脳が頑張っている。
頑張ってはいるのだけど、結果が伴わない切なさに歳を感じてしまうけども。

覚えの悪い私を根気よく指導して下さる先生に毎回申し訳なさで一杯になるけど、子供の頃のレッスンと違って100パーセント楽しいから辞められない。

しかし子供の頃って、2,3回繰り返したらすぐに暗譜出来ていたのに、今は全然出来ない。
さらにいつしか音感も無くなっている。昔は絶対音感を誇っていたのに。
覚えられないから必死で楽譜を目で追うけど、何せ片目なので時々見失い「今どこ?」ってなる。号泣。

新しいことを覚えることは、脳にとって良い刺激になるとか。
さらに認知症予防で、左右の手で違う動きをすることが良いらしい。
それを聞いて、まさにそれってマリンバのレッスンじゃないのか?と。

確かにこの新しいフレーズを覚えることは絶対脳に良いはず。
ましてや全く意味がわからん9/8拍子だの5/8拍子だの、脳に悪いはずが無い!!!

拍子を数えながら両手を動かす。
これって認知症の予防にもってこいじゃないか!!!
そう思うと意味のわからん9/8拍子も愉快に思えてくる。

何せうちの婆様が立派なアルツハイマー型認知症だったので、婆様(明治生まれの女子とは思えない前衛的なAB型)の血を濃く引いている私(昭和生まれのその他大勢の中に入れずいつも浮いていたAB型)としては予防しとかなきゃいかん。
でもその予防方法がこんなに楽しいって素敵なことよね。

そして最初は全く曲になっておらず「先生の立派な高級楽器で、こともあろうにこんな雑音出してご免なさい」って感じだったのに、四苦八苦しながらも曲っぽくなったときの達成感。

頑張れ私の脳みそ!!!

平成生まれの幸之助は「頑張る」って言葉と無縁なぼんやり男子。
160229.jpg
今日もストーブ前でぬくぬく過ごす。
スポンサーサイト
17:32 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
タイヤ交換の日 | top | 今頃反省。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/3018-cc47bda3