懐かしや。

現在私が通崎先生からお借りしているのはコロンビアの宮川マリンバ。
で、昔マリンバを習っていたとき、私が持っていたのは齋藤マリンバだったけど、お稽古場で先生が使っておられたのが同じだったことが判明。

以前習っていた先生にも伺っていたので間違いなかったのだけど、アルバムがあることを思い出した。

うちの父親はカメラマンになりたかったアマチュアカメラマンだったので、ちびまるこちゃんに出てくるたまちゃんのパパ並に、何かあるごとに写真を撮ってくれていた。自営業だったので、時間も色々な行事に合わせてくれて。

ちなみに、たまちゃんのパパはライカだけど、うちはニコン。

で、アルバムをひっさひぶりに引っ張り出して確認したら、やっぱり同じコロンビアの宮川マリンバだった!!!
16011102.jpg
これは発表会の時の写真。
小学校4年くらいか?

さらに関西マリンバクラブの20周年記念で奈良で演奏したときの写真。
16011104.jpg
これも小学生だった。
すんげー人数で「茶色の小瓶」を弾いたんじゃなかったけかな?
ちゃんと当時のプログラムまで残してあるのが、私のコレクターの片鱗がこの頃から見えているな。げらげら。

んで、毎年?奈良で合同練習みたいなのがあって、鹿と記念撮影。
16011103.jpg
弟もマリンバを習っていたので、一緒に行っていたんだな、きっと。

25周年の時は中学生だったかな?
みんなでおそろいの衣装を着て「コロラドの月」と「ウイリアムテル」
写真が白黒からカラーになっている。げらげら。
16011105.jpg
全く覚えてないけど、写真とプログラムがあるから確かに弾いていたんだと思う。

奈良の思い出としては、何周年記念のコンサートより、毎年行われていた(と思う)合同練習みたいなやつ。
毎回何人かが舞台に上がって当時会長の娘さんだった小川順子先生から直々に御指南頂くというやつ。

一度だけ私も壇上で小川順子先生にご教示頂いたのだけど、いつも弾いているマリンバのサイズよりめっちゃ立派で鍵盤の幅も広くて「え?どこから弾けば良いの?」と分からなくなって弾けずに呆然と立ちすくんでしまった。

先生が見かねて「何の曲?」と聞くので「ラデッキー行進曲」と泣きそうな声で答えると「ここからよ」と鍵盤を指で叩いて下さった。
でも結局わけがわからず、4小節くらいしか弾けずに退散した。
逃げるように舞台を降りたことを今でも忘れない。

今回の試演会では、途中で退散せずにど緊張しながらも最後まで弾けたから、私も大人になったもんだな。
スポンサーサイト
12:03 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
延長ボタン。 | top | 発表会!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/3004-39763460