木琴デイズ。

今日は通崎先生の木琴デイズに出掛けて来た。

京都の文化博物館というところ。
コンサートが出来るホールがあるとは知らなかった。
200人くらいのホールだけど、旧日本銀行京都支店だった頃のレトロで耽美な装飾がコンサートの雰囲気にぴったりだった。

それで、今日はアコーディオンとリコーダーと木琴。
「音楽の時間」という言葉のとおり和やかなコンサートだった。

木琴は2台ご用意されていたのだけど、そのうちのひとつがこの小さな木琴。
なんと3オクターブしか無い!!!
15111101.jpg
3オクターブしか無いとは思えない演奏に感動する。
先生の演奏が素晴らしいのは言うまでもない。
でも本当にこんなちっぽけな鍵盤の3オクターブで、あんなに幅のある音が出せるなんて凄すぎる。

そしてMCの素晴らしいこと。
レッスンの時も、いつも説明して下さる言葉の選び方や表現のうまさに脱帽していたのだけど「伝える」ことを本当に大切にしておられるんだなぁとあらためて心に沁みる。

「表現すること」「伝えること」
今日もまた、たくさんのことを学ばせて頂きました。

そして何より3人のアーティストが奏でる演奏に、忙しくてトゲトゲだった心を気持ちよくほぐして貰い、お得な一日になった。

やっぱアコースティックな音って良いわ。

来月の「羊をめぐる音楽会」が俄然楽しみだわっ!
15111102.jpg
今度はマリンバオンリーのコンサート。
これまた贅沢な時間になることでせう。
スポンサーサイト
20:26 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
CHIKUCHIKUさん | top | お待たせしました!カレンダーの受付が始まりました!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2984-4e9d1fe4