ノーリフト勉強会

うちの施設のPTは、月に一度ノーリフトの勉強会を施設内なら、職員からパート、ボラバイトまで「誰でも自由に参加」という形で開催してくれている。

で、私は毎月万難を排して参加させて貰っているのだけど、昨日はベッドからのあらゆる立ち上がり方をみんなで研究。

その中でPTが見せてくれた方法を使ったら、今訪問で関わっているとある利用者さんの起床離床も楽になるんでは!と思ったら早速試したくなった私とむっちゃん。

それでむっちゃんが夕方のケアで早速試したら「しんどい言うてはります」と連絡。
その方かなりの巨漢。
確かに体系的に厳しいのかもと思って、じゃあちょっとアレンジしたらどうやろう?と思ったら私も試したい感が押さえられず、訪問の社長に連絡。

「夜のケアにむっちゃんに付いて行って良いですか?」と無理くり見学しに行き、二人でアレンジバージョンを試した。

結果、いつも仰臥位になった瞬間「ぶはぁ〜」っとめっちゃ苦しそうな息を吐いていたけどそれが無かった。
で、本人に「いつもとどっちが楽?今の方が楽?前の方が楽?」と聞いたら今回の方が楽だと言ってくれた。
でも2人も来てたから気を遣っただけかもしれんけどね。

でも「ぶはぁ〜」って言わなかったから、いつもよりはましかも。
ちょっと時間はかかるけど、お互いにこの方が楽ではないのか?

ってことで、もうちょっと極めたら他のヘルパーさんにも伝えようかと。

今年は本気でノーリフトを勉強して、現場で苦しんでいる人達にも伝えて行きたいと考えている私。
歳が歳なのでもう後が無いので悩んでいる暇が無い。
でもノーリフト正しく使って生理的な動作を把握してお互いの力を出し合えば、70になっても現場にいられるかも!と希望でもある。

だって私は一人で生きて行かなきゃいけないから、70まで現役で働くねん!
そんなわけで、今年は若い人達に混ざって、おばさん頑張ります。

そんな決意で家に戻ったら、知り合いの先生からめっちゃ嬉しいオファーが!!!

有り難いことだわと思うと同時にもっと勉強せんととふんどしを締め直す。
本当にどんだけ勉強せんならんねんと思うけど、やり出したら止まらない感じ。
ま、私の場合基本が人の半分以下なので、人の3倍勉強してもまだ追いつけないのが残念な感じ。げらげら。
スポンサーサイト
07:07 | くるみ | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
縁側の季節 | top | 寛ぎ過ぎやろ。

コメント

#
ひなたさん、ふんどし締めてたの!?
by: 正兵衛(しょうべえ) | 2015/03/12 08:57 | URL [編集] | page top↑
# げらげら。
そうです。心の中でふんどし締めています!
by: ひなた | 2015/03/16 14:20 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2910-1a56fcbc