爽やかに抜歯。

抗生剤で炎症を抑えて、今日抜歯の予定だった。

で、仕事が終わって歯医者さんへ直行。
今日も若い兄ちゃん歯医者が爽やかに迎えてくれた。

「痛み止めが効いている間は大丈夫ですが、薬が切れると痛いんですよ。何となく上も痛いから一緒に抜いたらあきませんか?」と聞いたら
「一度に抜くのはね。。。」と言葉を濁す兄ちゃん。
「でも近い将来抜かなきゃいけないんでしょ?だったら、今日一緒に抜いちゃいましょうよ」と私。
「じゃあ抜きますか」と兄ちゃん。

てことで、上下いっぺんに抜いて貰いました。
しかもどっちもさくっと抜けた。
もうね、全然根っこが無くなっていたので、めっちゃ楽だったみたい。

で、抜いた後は痛みも無い。
すんばらしい!!!
明日の朝消毒して傷口を確認して貰う予定。

こんななら、右の奥もついでに抜いてしまえば良いんちゃうやろか?
そしたら、顔のバランスも良くなるんじゃなかろうか?

8020運動は無理やろうけど、ええねん。
15年前前歯6本ブリッジして今日は奥歯2本抜歯。
全部で8本無くなったから、すでに残り20本。
80歳で20本の自分の歯を残すなんて無理やわ。

この調子だと残りの歯も近い将来抜くことになるだろう。
虫歯じゃ無いのに、歯茎が無理で抜くという、なんとも勿体ない感じだけど仕方ない。

ところで、歯医者さんて、なんで口の中に指とか器具を突っ込んだまま「痛いですか?大丈夫ですか?」なんて聞くのだろう?
口の中に器具を突っ込まれたまま答えられるわけないやろが!!!

と、ちょっとムッとした顔をしたら「ああ」と言って、器具を出して聞き直してくれた。
最初からそうしてくれよ。
スポンサーサイト
21:54 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ティアラを付けて「ありの〜ままにぃ〜♪」 | top | 30日まで無理だった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2784-f58ee4fb