MRIの音

水曜に久々MRI検査をして貰った。
以前したのは10年以上前だったかな?
確かあの時も手の確認だったと思おう。詳しくは忘れてしまったけど。

ほんで、MRI。
何で今の技術力を持ってしてもあんなにうるさいのだろ?
閉所恐怖症でも無いし我慢できない音でも無いけど、ヘッドフォンを付けていてもめっちゃうるさかった。

そもそも何であんなに音が出るのだろうか?
プリンタのスキャナーなんか、だいぶ静かになったのに。←一緒にするなって?

んで、今回左手だけの投射だったのだけど、左手が真ん中に来るように検査台の右端に寄せられた。
落ちるやんか!って思っていたら、ベルトで縛られた。
「この検査は動きに弱いので、じっとしていて下さいね」と、ぐるぐる巻きにされた私。

何だかなーと思いつつ、動くなって言われると余計意識が左手に手中してぴくぴくしそうになったり。
んで、左手をぴったり体に沿わせて「気をつけ」の姿勢でぐるぐる巻きにされていたんだけど、呼吸をするとどうしても体が動いてしまい、体にぴったりくっついている左手も動く。
レントゲンなら息を止めるところだけど、MRIは息を止めるには長すぎて無理。
でも出来るだけ動くなって言われたし、呼吸を浅めになるべく左手に影響しないようにと気を使っていたら、検査が終わった瞬間めっちゃ疲れた。

めっちゃハイテクな検査なのに、何故か注意事項がアナログな感じ。
とりあえず、あのうるさい音はなんとかならんのかなぁ〜?
と、久々のMRI検査で不思議感が残りつつ、楽しかったな。
スポンサーサイト
17:29 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
有給消化。 | top | 春の金平糖

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2721-c5d01552