異食騒動も何のその!

一夜明けて今朝のほにょか。
14020705.jpg
後ろの襖が破れているのは、ほにょが飛びついでやりやがりました。
なので、ケージが襖から少し離されました。げらげら。

朝から大暴れして「無」の幸之助と満足したほにょか。
14020706.jpg

まだ遊べるにょ。
14020707.jpg
余裕のほにょかさん。

ところで、今回初日にほにょかは異食をして大騒ぎでしたの。

ひなたが研修で1時間ちょっと留守をして戻ると、ほにょのケージの中に、首にぶら下げていたアボアストップが転がっていた。
留め部分のプラスチックの残骸はあったけど、紐が見つからず。
しかも紐の欠片も無い。
つうことは「あんた、紐を丸飲みしたんか!!!!!」と真っ青になったひなた。

時間的にまだ胃の中にあると思われる。
自分ちの犬ならオキシドールを飲ませて吐かせるけど、余所の犬なのでさすがにそれは無理。
慌ててわんこ先生に連絡して、いきなり里帰りしたほにょか。

病院で催吐剤を飲ませて貰って全部吐き出させて貰った。
紐は3分割になって飲み込まれていたけど、そのうちのひとつが結構な長さだった。
こんなの腸で詰まったら切腹確実。怖い怖い。

で、アボアストップ部分も若干攻撃されていたけど「まだ使えるし大丈夫」と手渡してくれたわんこ先生。
さすが先生、余裕やね。

ほんまにすんません。と、平謝りの私。

さらに、胃をすっからかんにされても何のダメージもなかったほにょか。
素晴らしい。

そのままほにょかを連れて帰り、とりあえず紐だけ新しく作らせて貰った。
14020708.jpg
留め部分は、ちょっとやそっと引っ掻いたくらいでは外れない頑丈なやつに変えた。

とは言え、留守中には何があるかわからないので、余計な物を口に入れないようにと、初心に戻るひなた。
油断大敵。余所様の子を預かるのだから当たり前やけど、注意を怠ったらあきません。

そんな感じで、初日は冷や汗だったけど、無事に2泊3日、元気に暴れて機嫌良く過ごしていたほにょか。
14020709.jpg
昨日の若者も「こんどはいつ来るの?」と再会を楽しみに帰って行った。

今朝も幸之助はひとっ風呂浴びたかのように、ほにょのよだれでべとべとになっていた。
14020710.jpg
幸ちゃん、満身創痍?
げらげら。

会心の一枚
14020711.jpg
仲良しな感じのツーショット。
スポンサーサイト
10:44 | わんこともだち | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
10年ひと昔 | top | 若者とほにょか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2702-9c8ed399