始まりはカセットだった。

わたしとカレンダーの歴史。
カレンダーをいつから作っているんだろう?とふと考えたら、スタートは馬年だった。

来年が馬なので、2周り。
来年のカレンダーで24年ってことみたい。
びっくり〜。

で、一番最初はカセットサイズだったなと。
しかも当時印刷がとても高くて、個人でカラー印刷なんてありえなかった。
なにせ製版だけで10万円単位だったし。

一番最初は当時勤めていた印刷会社が作ってくれたので、私はイラストを描くだけだった。
初めて自分のイラストが印刷物として仕上がって来た時の感動を今で覚えている。

翌年は印刷会社を辞めていたので、自力で作った。
でもカラーは無理だったので、2色刷だったな。
作ったカレンダーは、知り合いのお店に置いて貰ってほそぼそ販売していた。

さらに時代はカセットからフロッピーになって、サイズとケースがフロッピーに移った。
それでもまだ印刷は高くて相変わらず2色刷だった。

で「ひなたあつこ」になって太洋堂さんでCD-ROMなんかの仕事をさせて頂いていた。
その年は太洋堂さんで印刷をして頂いた。

かもねぎハウスにいた頃は、会社で作ってもらっていて、BIGLOBEさんの伝兵衛コーナーで販売して貰っていた。
なので当時は伝兵衛カレンダーだった。

それから間もなく個人でもカラー印刷に手が出る値段になってきて、さらにサイズもフロッピーからCD-ROMサイズになった。

それで現在の形に収まっている。
販売も知り合いのお店とネット販売という方法になり、沢山の方からご注文を頂けるようになった。
有り難い有り難い。

いつの頃からか、うちのわんこずがお世話になっているはっとり動物病院さんとマックス ドッグ&キャットクリニックさんで配って頂くようになってからは犬猫カレンダーになり、2011年からは壁掛けサイズが登場した。
131008.jpg

現在は卓上と壁掛けの2種類となっているのだけど、壁掛け登場の裏話としては「CD−ROMのやつ、小さすぎて見にくいねん」と、とある知り合いからのリクエストからだったなと。
小さい字が見づらいお年頃に突入したわたしたち。げらげら。

そんな感じで、25年分は全部残っていないけど、A4サイズだけは1冊ずつ残してあった。
なんつうか、ライフワークやね。げらげら。
スポンサーサイト
08:11 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
クレーマーじゃないけども | top | カレンダー発売しました!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2630-c49f9b01