マジで気持ちに余裕が無くなってきている今日この頃。いかんな。

時間が足りない!
なのにくるみの不調も重なりパニック寸前。
頑張れ私。

ところで、最近訪問でのご新規さん。
右麻痺失語症って、国家試験の実技に出てきそうなドンぴしゃな感じ。

で、デカイ男性なので、ベッド上ではマイ・スライディングシートが活躍。
ヘルパー講座の実技の時の見本用で買ったんだけど、思いっきり実用している私。
あれが無ければベッド上での上下移動とかめっちゃ大変やし、買っておいて良かった〜。
130305.jpg
在宅の場合、本来は利用者さん宅にある物品以外は使わない方が良いらしいけど、私ももう50だし、腰を大事にしなきゃ70まで働けない。
なので、使わせて貰っているんだけども、あれは是非みなさんにもお奨めしたい逸品。
ノーリフト協会のオーストラリア製で、日本製より値段は高いけど、360度どの方向でも滑るので絶対便利。

で、今の悩みは、端座位から側臥位になって貰うとき、めっちゃ痛そうなんだな。
たぶん腰だと思うけど「大丈夫」としか言わない利用者さん。
でもそうとう痛いらしく顔のゆがみ方が半端ない。

で、昨日は端座位の時にベッドのギャッジをアップして、仰臥位の体勢になるようもたれて貰い、そのままベッドを下げてみたんだけど、これまたファーラー位あたりで顔が歪みだした。
「何処が痛みます?」と伺っても「どうもない」と言い張る。
いや、絶対痛いと思うわ、その顔。
状況的に腰やろうな。

どうしたら痛みがなく仰臥位になれるのか?
こんな時うちの施設のPTの先生の頭脳が欲しいと心底思う。
でもさすがに今更PTを目指す気も無いし、どうしたもんかと地味に悩む。
スポンサーサイト
14:53 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
おやつを作って食べる男。 | top | ケアマネ研修にくぢけかけている私。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2533-163f1815