在宅でもレクは大事。

レクの講義の時必ず言うのだけど「レクリエーション」と言えば「大勢でするもの」と思いこんでいる受講生さんが多い。
なので「一人でもレクリエーションは出来ます」と声を大にして言うんだけども。

で、経験談として言えなきゃあかんよねと、常々チャンスを狙っていた私。
だいたい訪問ヘルパーって時間が決まっているし、改正されるたびだんだん時間もタイトになっている。

どのヘルパーさんもギリギリで頑張っているので、とてもじゃ無いけどレクなんてって感じの現場になっているのが事実だったりする。

私が担当している3名のうち、2名は30分の身体なので、さくっと終われば余裕があるけど、たいていはそんなに余裕は無い感じ。
でも一人だけ1時間の利用者さんがおられて、その方はのんびりやってもたいてい早めに終わってしまうので、残った時間はお話をしたりしていたんだけど、折しも昨日はクリスマスイブ。

元ピアノの先生で大変な音楽好きなその利用者さんに、いっちょクリスマスソングを歌うかと思い、せっかくなので鉄琴を持って行くことにした。
いちおう事業所の社長にやっても良いか確認をしたらOKとの返事。

で、昨日もいつも通りさくっと業務を終了させたらいつも以上に早く終わってしまい、仕事を全部済ませてからとケア記録を書いていたら、様子を見に来た娘さんに驚かれた。
「え?もう終わったんですか?」と時計を確認する娘さん。
早く終わっても、決して業務で手を抜いたりはしてないのだけど。
あまりに早すぎてヤバかったか?

でも娘さんにも「今日はイブなので一緒にクリスマスソングを歌おうかと、鉄琴を持ってきました」と言い訳がましく言ったら「へえぇ、弾かはるの?」と驚かれた。
「子供の頃マリンバ習ってたんで」と言うと「珍しいですね!マリンバを習っていたなんて!」とさらに驚かれた。

それで娘さんが出て行ったあとケア記録を書き終え鉄琴の登場。
利用者さんは大層喜んで下さり寝ながらだけども、めっち歌ってくれた。
しかもちゃんと声が出ていてびっくり。
寝ながらあんだけ声を張り上げたら腹筋鍛えられるよなって感じ。

さらにこの利用者さん。歌詞カードも何も無しなのに(っていうか、目が見えない方)ところどころ英語の歌詞も交えて素晴らしい記憶力。

私も譜面を忘れて行ったので、適当に弾いたんだけど、今までより一番出来が良かったり。
やっぱ暗譜するのが一番良いよな。
来年はちゃんと練習して暗譜しよう。

そんな感じでざっと10曲程一緒に歌ったり演奏したりで終了。
在宅でもレク出来るなって、嬉しくなった一日だった。
スポンサーサイト
23:02 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
3Dメガネが黒い事に驚き! | top | クリスマスのお茶タイム

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2501-4f78ca8c