教え子さんと同行するなんて

私は講師になってまだ4年目なのだけども、おかげさまで沢山の受講生さんたちと関わらせて頂いている。

で、昨日訪問の社長から「明日新人の同行お願いします。先生のやり方を見せて教えてあげて下さい」と連絡が来て今日現場で待ち合わせ。

新人と言っても私とそう変わらない年齢で、2年くらい他の事業所で訪問ヘルパーをされていたらしいので大して私が教えることもなかろうかと思いつつ。

初めましてと挨拶していたら、社長が「先生です」と私のことを紹介する。
「だから先生って言わないでよ」と社長に言っていたら「先生ですよね!」とその新人さん。
はい?と、きょとんとしていたら
「私、先生に教えていただいてました!」と。

げげげっ、どこで教えましたっけ?全然覚えて無いんだけども。
っていうか、マジで人の名前と顔を覚えるのが苦手過ぎてさっぱりわからん。

でも確かに私が担当していた講座だった。

と言うことで、偶然私が教えていた講座の受講生さんと同じ職場で働くことになった。
うへえ、なんかいやーな緊張感があるのは何故?
私、授業でええ加減なこと言うてなかったかなぁと思い返すけどさっぱり覚えてないから、まぁええか。

ついにこんな日が来たか。
てか、一緒に働く人を育てたくて講師の仕事をしているので、これって夢が叶ったってことになるんだけども、ますます授業でええ加減なこと言うたらあかんなと、襟を正す私。

「先生の講義おもしろかったので、先生の担当の日数が少なくて残念だったんです」とおっしゃって頂き恐縮しまくり。

現場で教え子さんに再会して「げげっこいつか!」と言われないように精進せんとあきませんな。
スポンサーサイト
23:35 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
幸ちゃんもお気に入り。 | top | くるみ様の新居

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2474-03a9b18c