下鴨神社みたらし祭りと金魚救い

このくそ暑い最中のおととい、若者が下鴨神社の近所に引っ越した。
折しも下鴨神社はみたらし祭り真っ最中。
で、一緒に行きましょうと誘われ昨日仕事帰りに行って来た。

何かしらんけど、200円払ってろうそくを貰って、足をわき水のなんとかっちゅうところに浸けて(全然説明を読んで無い私)ろうそくを燭台に差してくるんだけども。
12072801.jpg
このわき水がめっちゃ冷たくてびっくり。
夕べは本当に蒸し暑かったのですんげー気持ちよかった。

さらに水から上がったところでわき水を一杯頂き、無病息災健脚祈願とか言う足形の絵馬?に名前と年齢を書いて水に流して終了。

京都に住んで29年だけど、初めての体験。うひゃひゃ。

で、その後は若者と金魚すくいをした。
毎年祇園祭で金魚をすくって持ってくる知り合いが「金魚掬いじゃなくて”救う”んです」と言っていたけど、まさに夕べの金魚たちは「救ってやらなきゃ!」って感じだった。

めっちゃ真剣な若者。
12072802.jpg
こないだの祇園祭でやってきた8匹が一週間で2匹になりしょんぼりしていたので、私もやってみるかとすげー久しぶりにチャレンジ。

子供の頃以来なので何十年ぶり?ってくらい久しぶりだったけど、腕は落ちてなかったわ。
しかも大物ねらいばっかでちゃんと欲しい子を救えた。

わーいわーい。
祇園祭から来た子たちは小降りな子たちだったけど、夕べ連れて帰ってきたのはでか目のコメット3匹、龍金1匹、和金10匹。合計14匹。
12072803.jpg
ということで、一挙に16匹になって賑やかな水槽。
しかし一週間が山場なので、一週間でどれくらい生き残れるが不安。

一週間経って全員無事だったら、デカイ子たちは施設に連れて行く予定。
がんばれ金魚たち!!!
スポンサーサイト
07:46 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
訃報 | top | 謎の203号室

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2434-d710599d