FC2ブログ

塀を越える48歳

昨日「あんたとこの玄関の鍵が開かへん」と浅野(仮名)より連絡あり。
色々頑張ったけど結局ダメで、浅野(仮名)は帰ってしまった。

で、仕事が終わって家に戻ったら、鍵穴にかぎは入るけど回らない。
私も色々頑張ったけど無理。
もちろん玄関が開かない。

困り果てて仕方なく大家さんちに事情を話し、大家さんちとうちの庭を仕切ってある塀を越えさせていただくことに。

「塀を越えてもらうのは良いけど、出来ますか?」と大家さん。
いや、出来る出来ないじゃなくて、やらないと家に入れないんすよ。
「庭から入れるところあるの?」と奥さん。
「はい、キッチンの戸は鍵をかけてないので大丈夫です」

うちは庭が大家さんちの塀で囲われていてどこからも入るところがないので、裏の戸や縁側のサッシは開けっぱなんだな。
昨日は雷だったからサッシは閉めていたけど、キッチンはいつ何があるかわからんから絶対鍵をかけない。

で、先にはしごを大家さん側に立て登ってからうち側にもうひとつ設置してくれた大家さん。
そのまま塀を越えて家に入って玄関の戸を開けて下さいと心の中でつぶやいたけど、あつかましいよなと飲み込む。

大家さん夫婦にはしごを抑えていただき上に登ったら意外に高い。
多分2メートルちょいくらいなのに。

で、てっぺんで塀を越えるとき、体が硬すぎて足がはしごにひっかかる私。
いやーん、わたしってこんなに体が硬かったっけ?
ドンくさいってば。

ああ、無理だったか?と思ったけど最後に踏ん張り何とか塀をまたげた。
ほうっ。

無事家側に降りて玄関にダッシュ。

鍵が開かなくなった原因は、雷で混乱したくるみが、鍵をがちゃがちゃ触ったらしい。
中途半端に斜めになった鍵をまっすぐにしたら元通りになった。

鍵も開いて一件落着。

いやー。夜分お騒がせしてすみませんって感じ。

それにしても、これくらいの高さの塀をひょいっと超えられなくなっている自分に愕然。
ちゃんと体を鍛えてもっと身軽にならなくちゃ。

てか、こんなときに大家さんから出入りできるように塀に出入り口を作って貰いたいなぁ。
って、絶対ダメよね。

スポンサーサイト



08:07 | ひなた | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
銀閣寺 お肉の大西 | top | 帆布バッグ3つ

コメント

#
ついに鍵もいじれるようになったか、くるちゃん。
さすが、老犬やな。幸ちゃんとはひと味もふた味も違うわ。

くるちゃんってば、そんなん出来るんやったら、あん時鍵開けてくれたらよかったのに・・・。
by: 浅野(仮名) | 2012/05/30 23:33 | URL [編集] | page top↑
#
もうな、玄関厳重にして、くるみが鍵に触らんようになってるし、人間も入りにくいねん。
by: ひな | 2012/06/01 22:18 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2405-e8b74000