退院した幸之助。

手術のあとお見舞いに行ったら「見覚えあるような気ぃもしますねんけど、誰でしたやろ?」な顔で私をぼんやり見ていた幸之助。

伝ちゃんは、どんなに麻酔でぼんやりしていても、足が立たずよろよろしながらも尻尾を振って私の方へ必死で来ていたのになぁ~。
幸ちゃんつれないわぁ~。

手術翌日の日曜は夜勤明けだったので、行けたら顔を見に行くかと思いつつ、とある利用者さんに一晩中振り回されへとへとだったせいか、午前中爆睡してしまい目が覚めたら午後1時だった。

伝ちゃんの時なら仮眠せずにお見舞いに行っていたかな、私。
と、幸之助が私を見てぼんやりしていたのも責められないかもなって感じ。げらげら。

で、本当なら昨日退院の予定だったんだけど、迎えに行ったら待合室満員。
ちょっと早めに、まだ午後の診察前に行ったのに凄い賑わい。

順番を待っていたら仕事に間に合わない時間だったので、諦めてもう一泊させていただくことになり、やっとこさ今朝、ひと仕事終えてから迎えに行って来た。

で、車を降りたとたん物凄い量のおしっことうんち。
「あんた、散歩させてもらってたんちゃうんか?」と呆れる。
さらに家に入ってからももう一回排便あり。
キッチンの床にこんもり。これまたすんげー量。

どんだけ溜めとんねん?
しかも何で自由に床にやっとんねん?

帰宅そうそくキレる飼い主。

それで、術後なのでネッカーをつけていたんだけど、サークルにも入れず水も飲めない。
相変わらずどんくさい。

仕方なくネッカーを外してやり、傷口を舐めないようにカバーを装着。
12013101.jpg
こういう物はマメに作る飼い主。

様子を見ていても傷口を気にしたり舐める様子は無いので、私が在宅中はネッカーを外してやることにした。
やさしいなぁ、私。
12013103.jpg

いつもの洋服を着せたら、カバー部分が重ね着みたいでおされ。かも。
12013105.jpg
抜糸までそれで頑張れ。
スポンサーサイト
13:55 | 幸之助 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
夜勤中のお見送り | top | 気の毒な幸之助

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2342-93bcbbc5