照明の謎。

こないだから、茶の間の照明のちいさい輪っかがちかちか点滅。
そしてついに消えた。

ああ、蛍光灯を交換しなきゃだめねと、交換したんだけども、やっぱりちいさいほうの輪っかがちかちか。
しばらく点いていてもそのうち消える。
11112101.jpg
どうやら接触不良っぽい。
そして昨日からとうとうスイッチを入れて一瞬は点くけどすぐに消えるという状態。
おーまいがっ!←キリスト教徒ではないが

どうすりゃ良いの?
故障?
「グロを交換する」と言うのを聞いたことがあるんだけど、どこにグロがあるかわらかん。

ああ、こういうときに頼りになる男子が必要よね、やっぱ。

先日アラジンの芯を交換しようとしたんだけど、入れ替え部分がどうしても動かず。
それでも握力10以下のひなたは精一杯頑張ったのだけどどうにもならず。
困り果てて力自慢の知り合いに泣きつき何とかしてもらったんだけど、そうそうこんなことで呼び出すわけにもゆかず。

ちなみにその知り合い、私があんなに苦労してもびくともしなかった入れ替え部分を、さくっと一ひねりで開けてくれた。
すげーや。

しかし不思議なんだけど、どうしてこう蛍光灯がちかちかしたり消えたりすると貧乏臭いのだろう?

電気が点かないってなんか悲しい。
そんな昭和枯れススキ満開な我が家。

貧乏臭いからかどうかわからんが、最近くるみは茶の間より作業部屋に入り浸る。
11112102.jpg

幸之助は相変わらず何が起こっていてもぼんやりするだけ。
11112103.jpg
我が家唯一の男子なんだけど、全く頼りにはならん。
スポンサーサイト
21:55 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
紅葉シーズン | top | はじまりまじまり

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2308-fcdd87aa