膀胱炎あげいん

金曜の夜、いつものように寝ようとしたら、くるみが突然布団から出てきゅんきゅん鳴きながらうろうろしだした。
雨も降ってないし、風も吹いてないで?
何が怖いねん?と思ったけど、あまりの眠さに気にせず寝たひなた。

朝起きたら水溜りが数箇所。
やられた。
夜中のきゅんきゅんは雷でも風の音でもなくトイレに行きたかったのね。
でもいつもどおりに散歩して夜も寝る前にトイレを済ませているのに何故?と思いつつ朝の散歩に行ったらなんだか様子がおかしい。

いつもは最初に用をたしたら終了なのに、何度もしゃがんでしょぼしょぼおしっこをしていた。
「あいや~、あんた膀胱炎かいな?やめてよ~」と叫びつつ、家に戻ったんだけどやっぱり落着かないくるみ。

仕方ないのでペットシーツを敷いたらそそくさしゃがみこんでちびっとだけおしっこをした。

そのうちの一回を採取して病院に持っていく準備をしたんだけど、8時にはデイケアに行かなきゃいけない。
とりあえずくるみを連れて出勤をして、事情を話してわんこ病院の診察時間の9時になったらちょっと出させてもらうようにお願いしたら、スタッフ一同「そりゃ病院に連れて行ってあげて」と即答でご快諾。

最近くるみさんの人気が赤丸急上昇中で、雑な飼い主を不憫がってみんなが可愛がってくれている。
あんなに激しくガラ悪い顔で爆吠えするくるみに、まさかこんな日がくるとは!
有難いことである。

それで仕事を抜けさせてもらって病院に連れて行ったら「膀胱炎は膀胱炎だけど、色々数値的に原因が・・・」と悩むわんこ先生。
「もしかしたら膀胱腫瘍も考えられます」とのことで、エコー検査となった。
何せ仕事中なので、くるみを病院に預けて、仕事が終ってから夕方迎えに行くことにして退散。

仕事場に戻るとみんなが「くるちゃんどうやった?」と心配してくださっていた。
「いや膀胱炎だけど、原因をはっきりさせる為にエコー検査になったし預けてきました。もしかしたら腫瘍かもって」と言ったら一同騒然。

「大型犬だし、5歳超えたら腫瘍くらいはねぇ」って覚悟しているんだけど、って至って呑気な飼い主とは裏腹に「ええええ」と心配してくださるみなさん。
なんや、くるちゃん愛されてるなぁ。

それで検査の結果今のところ腫瘍の心配は無いとの事でひと安心。

その後家に連れて帰ってもしょぼしょぼとしゃがみこんではちまちまおしっこをしていたくるみ。
普段はひどい雨の日でさえ散歩のときに外でしか用を足さないんだけど、こういうときちゃんとペットシーツの上でするからくるちゃん偉いわ。

いつも飼い主に対してアタンしてわざと家の中でお漏らしする場合は、必ず一番やって欲しくないところで私の顔を睨みながらするんだけど、さすがに膀胱炎で余裕がなかったのか、それとも病気を認識していたのか、きちんと敷かれたペットシーツの上でおしっこをしていた。

くるちゃん、さすがに空気を読める女やね。

んで幸之助。
いちおう普段は外で用を足すのだけど、友達が犬連れで遊びに来てシーツを敷くと、何故かシーツでおしっこをする。
とりあえずペットシーツを見たら「あ、おしっこしなきゃ」と思うらしい。

それで今回も、くるみの為にシーツを敷いてあるにもかかわらず、幸之助が用を足していたり。
ってか、このシーツはくるちゃんの為に敷いてあるねん!
あんたはわざわざ中でせんでも外でええやろ!!!
しかもめっちゃ量が多くてシーツからはみ出してるちゅうねん!!!

飼い主がキーキー叫んでいても横に座ってぼんやりしている。
相変らず全く空気の読めない犬である。
スポンサーサイト
18:57 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
薬って素敵。 | top | Krispy Kreme Doughnuts

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2159-11a39a0b