くるちゃん流血。

今日デイケアに連れて行ったらスタッフに飛びついたくるみ。
「あんた、爪が痛いねん」と怒られていた。
ああ、確かに爪が伸びているよな。
そろそろ切らなくちゃなぁと。

なにせ散歩が嫌いなので、散歩で爪が程よく削れるなんてことがなく、定期的にカットしないといけない。
ところが、子犬の頃深爪しすぎて流血していらい、私が爪切りを持つと脱兎のごとく逃げてしまうくるみ。

今夜もそろ~と爪切りを隠し持って近寄ったにもかかわらず察知された。
でも一瞬の隙を突いてくるみを確保。
嫌がるくるみの押さえつけ、なんとか爪切りを決行と思ったとたん、最初の一切りで「きゃうん」と物凄い声を出して逃げていったくるみ。

「くるちゃん、そんな大層な」と言いつつ、逃げた後を見て驚愕。
くるみの歩いた後に血痕が。。。
あいや、切りすぎたのか?と、確認しようにも、どうにもこうにも逃げて全く私の側に来ない。
そのたび広がる血痕。。。

しかもなんだか結構な量になっている。やばいかも。

消毒液と止血剤代わりの応急品の小麦粉を持ってくるみを追いかけ、何とか部屋のはじっこに追い詰め身柄確保。

みるとかなりばっさり切ってしまっていたみたいで、足先が血で真っ赤になっていた。
「いやぁ、くるちゃん、ごめんな。悪気は無かったんやで」と言ってもくるみの目の奥には「怒」の文字が浮き上がっていた。怖い怖い。

とりあえずお風呂場に連れて行き流水で消毒したあと消毒液で消毒。
そして小麦粉で止血しようとしたけど、これがなかなか収まらない。
くるみの前足を押さえながら
「わんこ先生に電話しようかなぁ。でももう11時過ぎてるしなぁ。まぁ命に別状はないし大丈夫かなぁ~」
と、ドキドキすること数分。
なかなか血が止まらず、まだなんとなく血がにじむ。
ううむ、とりあえず電話だけでもしてみようかなぁ。でも絶対「何やってんねん」って怒られるよなぁ~。嫌だなぁ~。と頭の中でぐるぐる考えていたらやっとこさ血が止まった。
ふうっ。

くるみも落ち着きを取り戻し、足先を気にして舐めることもない。
ほっ。

明日のお散歩は気をつけないと。
しばらく消毒はかかせないな。

ああ、でもまだ全然爪が切れてないのよね。
でももう絶対切らしてくれないよな、くるみさん。

今度わんこ病院に行ったら切って貰わなくちゃ。
スポンサーサイト
23:58 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
冷戦状態 | top | 徹夜明けのピンクレモンソーダ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/2155-08ea0a90