FC2ブログ

介護のお手伝い



介護資格のことでいつもお世話になっているH先生が、本を下さった。
講習先で知り合った先生の本らしい。

犬の散歩中に見た張り紙で飛び込んだ近所の特老のお手伝い。
今年で3年目になる。
来年の試験で次の資格を取ろうと鼻息が荒かったのだけど、私の勘違いで、再来年でなければ受けられないことが発覚し、すっかり中だるみしていた私。

そんなたるんだ気分を吹き飛ばし、初心の頃の気持ちを思い出させてくれる一冊だった。
字もでかくて読みやすい。

私は昨日病院の待合いでさくっと読みきったのだけど、最後のあたりでうっかり涙してしまった。
昨日は眼科検診だったのだけど、涙目で診察室に入ったら「おや?今日も充血していますね。まだ炎症が収まらないのかなぁ・・・」と先生。
いや、これは違うんっすよと思いつつ。

待合室で読む本は気を付けなくちゃ。
いや、まさかこの本で泣くとは思わなかったし。げらげら。
スポンサーサイト



14:42 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
朝から | top | 徹夜明け

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://wankos.blog84.fc2.com/tb.php/1312-ae66ff07