真面目に作業中。

キッチンのテーブルに水彩絵の具を広げ、茶の間に色鉛筆とパステルを広げて作業中。
16092502.jpg
で、食事は縫い物作業部屋のテーブルを使用。

こう言う時は家が広くて、テーブルがあちこちに置けて本当に良かった。

でもくるみがいたときはこんなに広げられなかったけどね。
幸之助はぼんやり見ているだけなので、床に絵を広げていても踏まないから助かるわ。
スポンサーサイト
22:33 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

アルシュ サチネ

16092501.jpg
この紙との出会いは短大の時。
エッチングの授業で山本容子先生から教えて頂いた。

山本先生は当時はまだテレビなどで活躍する前だったけど、キャンパス内でも格好良く目立った存在だった。

ところでこの紙、とにかく高い!
当時(33年前)で全判一枚600円ほどしたと記憶する。
今は1枚1200円くらい。

厚みによって多少値段が違うけど、エッチングなので厚めのタイプ。

当時は学生で1枚600円の紙はかなり高級だった。
でも先生曰く「作品には良い紙を使いなさい。その方が気合いが入るでしょ」と。

確かに気合いは入る。値段的に絶対無駄に出来ないし。

ただ、この紙は高いだけではなく、とても私の絵には合っていて、私には扱いやすかった。
卒業後も、イラストの仕事をするようになって、手描きの時は必ずこの紙を使用している。
イラストなので紙は薄めでも大丈夫で1枚1000円くらい。

ネット通販が便利になって、最安値だと10枚入り8000円くらいで購入出来るのは有り難い。
時々バーゲンもあり、安い時に買いだめしている。
とは言え紙なので保存には気を使う。
湿気が多いと紙にシミが出てしまったり端っこの色が焼けたりするので、大量にはストック出来ない。
押し入れの上段一番端の、日の当たらない場所に保管している。

その紙の在庫が尽きてしまい、今回改めてオーダーしたものが届いた。
ああ、この瞬間が好き。意味なくわくわくしてしまう。

ペーパーレスな世の中で時代に逆行するけどやっぱり紙が好きだーっ。

さ、あとは描くだけ。
紙を眺めていないで描くか。
17:52 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

開放的にも程がある。

最近夜勤明けに気を失う事が多い。
以前は全く寝ずに夜まで過ごしていたのに、最近は無理らしい。

で、先日玄関を開けっ放しで寝ていたらしい。
何か玄関先が騒がしい?とはっと気付いたら大家さんの奥さんがいた。

「え?寝てたの?ごめんなさい。でも玄関開いていたから。。。」
一瞬頭が回らずぼんやりする私。
夜勤明けでゴミ出ししたところまでは覚えているけど、その後の記憶が無い。
ゴミを出してそのまま茶の間で気を失っていたんだなきっと。
玄関の戸を閉めずに。
どんだけ疲れてるねん?

玄関が開けっ放しだったらしいけど、幸之助は外に出ること無く玄関で過ごしていたらしい。
16092301.jpg
くるみだったらあり得ない。
速攻脱走していたことだろう。

たぶん幸之助は「玄関が空いている」と言うことに気付いていなかったと思われる。
ただぼんやり「今日はよう風が通りますねん」くらいに思っていたんじゃなかろうか?
幸之助がぼんやりした子で本当に良かった。

くるみがいなくなって以来、我が家には緊張感が全く無くなった。
幸之助のぼんやりに油断しきっている飼い主。
21:45 | 幸之助 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

台風の中。

外は台風。

大人しくカレンダーの追い込み作業中。
ところが何だか目が見え辛い。
何でかな?と思ったら蛍光灯の電球がへたってきていて暗かったみたい。

雨の中ホームセンターに替えを買いに出た。

で、交換したら明るくなった!
16092001.jpg
隣で惰眠をむさぼる幸之助。相変わらず我関せず。

とにかくこれで下絵がはかどるわ。
さ、頑張って仕上げなきゃ!と、やらなきゃいけないことがあると他の事がしたくなるのが子供の頃からの私。
だってどうしても7月と12月がいまいち思いつかないんだもん。

そこで、気分転換に3帖間のマリンバ部屋の模様替えなんぞを。
16092002.jpg
本棚の位置を変えたらちょっと動きやすくなった。
ついでにこちらの蛍光灯も変えたらめっちゃ明るい。

をを、これはかなり譜面が見やすくなったのでは?
そうか、譜面が読み辛かったのは明かるさが足らなかったのか!

いつも「老化に伴うこころとからだの変化と日常生活」で、高齢になると若い頃より明るさが必要になると説明していたのだけど、ついに私も仲間入りかっ!!!

と、ちょっとがっかりしたところで、練習を始めた。
迷える羊飼いは、良い感じで雨の音にかき消されて行く。
15:36 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

今さらのICカードデビュー。

昨日の初任者研修は琵琶湖ビューな教室。
16091802.jpg
あいにくの曇り空だったけど、琵琶湖を眺めながら授業が出来るって素敵過ぎ。

ところで、この教室の場所が「スルッとKANSAI」が使えない駅なんだな。
いつも浜大津で精算しなきゃいけないという面倒臭さだった。

私鉄は「スルッとKANSAI」
京都市バスと地下鉄は「トラフィカカード」
JRは切符
という生活をしている私を見た他の先生方が「ICカードにすれば便利なのに」とあきれ顔。

だって、カードって絶対落としそうだし持ちたくないんだもんもん。

最近IC専用の改札が増えて、切符は端っこに追いやられてしまい、それでも負けるもんか!と「スルッとKANSAI」JRだったら小銭をジャラジャラ出して切符を買って電車に乗っていた私。
しかしそんな私にショックなニュースが。。。「スルッとKANSAI」が来年には廃止されるとか。。。

ああ、もはやこれまでか。。。と敗北感満載で、ICカードの導入を検討することにした。
ではどのICカードが一番使い勝手が良いかあれこれ検討した結果、ようわからんかった。←あほ?

で、結局決めたのは「ICOCA」。
16091801.jpg
キャラクター的には「suica」のペンギンが好きなんだけど、やっぱ関西だしこっちの方が良いかなと。

それで、早速ICカードデビューしたら、めっちゃ便利だった。
私は何故今まで意地を張って持たなかっただろう?こんなに便利なのに。
財布も出さなくても、カバンにぶら下げとけば、さくっと改札を通り抜けられる。
ああ。なんて素敵なんでせう。。。

でも絶対落とさないように気をつけなきゃ〜!!!
08:26 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

お久しぶりです、ひなたです。

と、挨拶をした相手はピアニストの仲道郁代さん。

仲道さんと関フィルのコンサートがあったので、夜勤明けで野洲まで行って来た。
16090401.jpg
先日京都コンサートホールでのリサイタルでは時間が無さ過ぎてご挨拶もせずだったので、今回は思い切って。
とは言えお仕事させて頂いたのは15年前?

覚えておられるかなぁとドキドキしたけど
「ひなたさんが描いて下さった娘の絵はまだ飾ってあるんですよ!」とおっしゃって下さった。
さらに
「娘ももう20歳なんですよ」って。うひゃー。

当時はまだ幼稚園だったお嬢さん。
待ち時間の間、付き添いでいらしていた子守役のお父様(じーじ)と一緒に事務所近所の京都市動物園に行き、一緒にしょぼい観覧車に乗ったっけ〜。
あの子が20歳か〜。そら、私も年を取りますなぁ〜。

と思ったけど仲道さんは相変わらず美しい。
とても同じ年とは思えない。

何度も言うけど天は二物を与え過ぎてるやろう。
えこ贔屓にも程があるで?

そんな仲道さんの演奏は相変わらず心が洗われる。
関西フィルの演奏も、クラシックとは思えない気楽な感じでめっちゃ楽しかった。

やっぱオーケストラは楽しい。
19:52 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑