朝から高カロリー。

テレビや映画を観ていて思わず「食べたい!」と思うことがよくある私。

絵本では「ぐりとぐら」のカステラやチョコレートケーキが食べたい!と心底思った。

アニメでは「アルプスの少女ハイジ」の白パン「フランダースの犬」の赤い飴玉「始め人間ギャートルズ」のマンモスの肉(肉は嫌いだけどあれは食べたいと思った)。

映画では「小さな恋のメロディー」を観て「生ハム」が食べられるようになった。
肉類は苦手だけど、メロディー達がめっちゃおいしそうに食べていたのでチャレンジしたら美味しかった。

「ショコラ」を観るとチョコレートが食べたくなるし
「食べて、祈って、恋をして」を観ると「パスタ食いて〜」と叫ぶ。
「かもめ食堂」を観て本気でシナモンロールを作ったり。
「深夜食堂」「孤独のグルメ」にはやられっぱなし。

そして今朝は「フレンチトースト」。
そう、先日ひっさしぶりに「クレイマークレイマー」を観たから。

初めて「クレイマークレイマー」を観たのは高校生の時。
当時(35年以上前、号泣)「フレンチトーストは」特別な食べ物だったんだけど、映画を観て腰を抜かした。
だって、ダスティンホフマンがめっちゃざっくり簡単に作っていたから。

「え?フレンチトーストってそんなに簡単に作れるの?」と、当時はネットも携帯も無いからレシピを調べるには本しか無かった時代。
でも本屋は遠かったので映画を「凝視」して作り方を確認して、映画が終わってすぐに作ってみたら出来た!
そんな思い出のフレンチトーストを、先日映画を観てから食べたくて食べたくて仕方なかった。

それで昨日「乃が美」の食パンを買った。
高級「生」食パンなので、まずはそのまま美味しく食べ、今朝は思い切って高級「生」食パンを使い「贅沢フレンチトースト」を作った。
16073101.jpg
クレイマークレイマーはアメリカ映画なので、食器も1950年代のファイヤーキングにしてみた。
日曜朝の贅沢な時間。
午後出勤って素敵。

そうだ、写真を撮ろうと携帯を探していたら、またしてもフレンチトーストを狙うヤツが。。。
16073102.jpg
すっかり椅子に上ることを覚えた幸之助。

「幸ちゃん、フォークとナイフが持てたらフレンチトーストあげるよ」と言ったのに、ぼんやりするだけ。
ぼーっとしているだけでは貰えへんわ。
スポンサーサイト
08:26 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ミシンが壊れた。

私の愛機、JUKI SOUR98special。

やっと重い腰を上げて知り合いの先生から頼まれていたバッグを作っていたら、ポキッという不吉な音が。。。
見ると針に糸を通す前に引っかける所があるのだけど、そこが見事に折れていた。がーん。
16072401.jpg
場所的に無理に引っ張ったわけでもないので金属疲労か?

まぁ、20年くらい使ってるからなぁ〜。

あああ、後裏地を縫い付けるだけだったのにどうしよう。。。
と、途方に暮れた。

ミシンはもう一台、ポータブルミシンがあるので、それで仕上げるかと思いつつ、ちょっと気を取り直し、一番近くにあるミシンの修理を頼めるお店をタウンページで検索して連絡した。

それで事情を説明して修理可能か聞いたら
「ああ、そこなら無くても縫えますよ。もちろん修理出来ます。それなら部品交換だけで大丈夫だと思います」
と、明るい声のお姉さん。

マジっすか?
ミシンを踏んで45年。(実家は縫製業だったので、実家には工業用ミシンがあった)
ここが無くても縫えると言う事を知って驚愕。

ミシンはちょっとしたことで調子が悪くなるから、いかなる部品も欠かしてはならぬと思い込んでいた私。

とりあえず部品のオーダーをお願いして、続きを縫うことにしたら、本当に縫えた。
16072402.jpg
後は持ち手をカシメたら終了。

良かった〜。

そんな風に飼い主があたふたする中、クーラーの風が直撃する場所でへそ天な幸之助。
16072403.jpg
どんだけだらけてるねん?
12:05 | てづくり | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

謎すぎる幸之助。

今日は午後から出勤なので、久しぶりに朝がのんびり。
なのでゆっくりコーヒーでも飲もうと思ったら紙フィルターが切れていた。
がーん。

気を取り直し、まえーにむっちゃんがバースデーにくれたおされな陶器フィルターを探していたら、幸之助が私の椅子を横取りした。
16072101.jpg
あんた、何してるの?

そこ退いて。私の席やと言っても伝わらず。
16072102.jpg
退く気無し。

豆を轢いてくれるわけでも無くぼんやりしている。
16072103.jpg

お湯を注いでくれるわけでも無くひたすらぼんやり。
16072104.jpg

コーヒーが落ちて行くのを眺めているのか?
16072105.jpg
爺さん、朝から黄昏れてるのか?

それとも爺さん、コーヒーが飲みたいのか?
16072106.jpg
何を聞いてもひたすらぼんやりしている。

朝から何がしたいのかようわからん。
09:08 | 幸之助 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

キイロスズメバチ

今朝いつものように幸ちゃんと散歩に出ようとしたら、やたらとスズメバチが飛んでいた。
ああ、もうそんな季節なのかとしみじみしつつ蜂を目で追うと、表の石垣の間に入って行く。

「え?もしやこんなところに巣を作ったのか?」としばし観察すると、蜂が出たり入ったり。
ああ、間違いない。今年はここかよ!!!
って感じ。

何でこんな通り道に、しかも低い所に。。。とうんざりしながら、蜂が襲ってこないぎりぎりの所に張り紙を貼った。
16072001.jpg
そして大家さんに連絡してからご近所や、ガレージに出入りしている方々に注意を促した。

役所は9時からでないと電話が繋がらないので、学校に着いて9時になったら即役所に電話して、ホッと一安心。

で、昼過ぎに自宅に戻ったら、巣穴には毒餌が設置してあった。
16072002.jpg
ああ、もう来てくれたのね。有り難うございます。と、ポストを見たら名刺に走り書きが。。。

どうやら、私が自分の携帯番号を間違えて伝えてしまったらしく
「電話がつながら無かったのですが、見に来ました。張り紙があり場所が特定出来たので食毒の餌を置いて帰ります。戻られたらお電話下さい」ですって。

張り紙貼っておいて良かった。

それで早速電話したら「おっしゃっていたとおりキイロスズメバチでした。毒で2,3日中に成虫はみんな死にますが、2週間後にまだ蜂がブンブン飛んで出入りしていたら連絡下さい」とのこと。

それで、このキイロスズメバチは石垣の中が手狭になったら引っ越しして大所帯になっていくらしい。
「石垣の中くらいだとそんなに大きく無いです。引っ越し前の良い時期に見つけて貰えたと思います。早めに見つけて貰って良かったです」とのこと。

そして夕方にはあちこちに蜂さんがお亡くなりになっていた。
16072003.jpg
蜂さんすまんな。でもあまりにも場所がね。
石垣の溝は幸ちゃんのトイレポイントやねん。
さすがに近すぎて無理っすよ。
もっと離れたところで巣作りしてくれたらええのに。
19:41 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

早めに作業のはずが。。。

昨日は京都なちゅはの勉強会だった。

移乗動作をみんなで再検討しながらの3時間。
移乗動作だけで3時間なんだけど、これがあっという間なのよね。

相変わらず進藤先生の助言はどれも素晴らしく勉強になる。
初任者研修とかでは考えられないくらい贅沢な時間。

集中している時間は経過が早い。

そしてうかうかしていたら、7月に入ってもう10日が過ぎてしまった!!!
はや〜い。
この調子だとあっという間に祇園祭りが終わって、気付けばお盆も終わってしまいそうな勢い。

毎年印刷締め切りぎりぎりになって慌てて制作するカレンダーを、今年は早めに着手!
今年の夏は講座のキャンセルが続いて時間にちょっと余裕が出たので早めにかかったんだけども。。。
16071103.jpg
ここですでに何日も停滞している私。
まだ1枚も仕上がっていないていたらく。

昔から「お尻に火がつく」どころか「身体が半分くらい燃えて」からしか動かず、余裕を持って仕事をする事が苦手だった。
だってぎりぎりまで粘ればもっと良いアイデアが浮かぶかもって思ってしまうのよね。

ええ、何度も言いますけど、夏休みの宿題は夏休みが終わってから提出日までの間に必死こいてやって「来年はちゃんと早めに済ませよう」と妄想に近い決心をしていたな。

そろそろお散歩展の準備もしなきゃいけないのだけど、今回もギリギリだな、たぶん。
20:54 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ちまきデビュー!

先日のレッスンで、先生から頂戴した「祇園祭りのちまき」。
さすが洛中育ちの先生。下さるのもが秀逸。
160711.jpg
このちまきは京都の人々は玄関に飾って厄除けをするのである。

京都に来て初めてこれを見たときは「ちまきって、あんなもん1年中飾ってたら中が腐ってミイラになるんか?」ってドキドキして、とても玄関に飾る気になれずにずっと買えずにいた私。

このちまきの中が空っぽだと知ったのはほんの3年ほど前のことだったりする。←あほ?

5年くらい前、従姉妹の息子が洛南高校に入学したとき、従姉妹と叔母が京都に来て、玄関先に飾ってあるちまきを見て私に
「あの、どこの家の玄関先にも飾ってある箒みたいなのは何?魔除けか?」と母娘が声を揃えて宣った。
「ああ、あれは祇園祭りの時に買って来るちまきやわ。厄除けやから、魔除けという意見は遠くはないかな」と私。
「ちまき?腐るやん」←発想が私と同じだった。
「せやろ?京都の人ってわからんわ」←根本的に理解していなかった私。

そんなわけで、我が家にも初めてちまきがやって来た!
早速玄関に飾って厄除け開始。

春先から「お祓いか?」ってくらいついていないことが続いていた私。

そんな厳しい夏を迎えている我が家だけども、このちまきで何だか大丈夫な気がしてきた。
先生、有り難うございます。
13:31 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

思い出の味

こないだ仕事中に、利用者さんと一緒に観ていた「とと姉ちゃん」に「すいとん汁」が出てきた。
それで久しぶりに食べたくなって作った。
16071001.jpg
昔うちの婆様がよく作ってくれていたんだけど、我が家では「団子汁」という呼び名だった。

婆様が作る団子汁が大好きで時々おねだりして作って貰っていたんだけど、うちの母も叔母達も(同じ敷地内に母の3姉妹がそれぞれの家族と住んでいたので、玄関は違っても裏が渡り廊下でつながっていたので、自由に出入りしていた子供時代)「今更あれを食べる気せん」と、戦後のイメージが悪すぎるのか誰も食べようとしないため、お鍋いっぱいの団子汁を(婆様は何でも豪快にたくさん作る人だった)私一人で平らげるんだけど、毎日食べても平気なくらい好きだった。

婆様が亡くなる前に作り方を教えて貰ったんだけど、これが何度作っても婆様の味が再現出来ない。

以前NHKの「鴨川食堂」というドラマがあったのだけど「思い出の味を再現」して出してくれる食堂。
私も是非鴨川食堂に行って、婆様の団子汁を再現して貰いたいと本気で思う。

そして今回もやっぱり婆様の味と何かが違う。
何が違うのか分からずそのまま食べたけど、何が違うのだろう?
婆様の「団子」の味にならないのが悔しい。
いつか再現出来るのだろうか。。。

さて、ここのところ下痢っていてご飯を減らされている幸之助君。
16071002.jpg
アニコムの保険証が行方不明になっており、再発行までの間は保険無しで後から返金して貰うのだけど、保険を使わず10割負担の全額の診察料を払って驚いた。

保険って有り難い。アニコムさん、いつも有り難うございます。
23:35 | ひなた | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

うちの御犬様

飼い主はあくせく働き、汗をかきかき家にたどり着いたら、クーラーの効いた部屋の中で出迎える気ゼロでへそ天な犬。
160705.jpg
幸ちゃん、電気代払ってや!
20:59 | 幸之助 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑