泣いても笑っても明日で終わる

cal13.jpg
何でこんなに記憶が出来ないのかなぁと。
まぁあかんかったらまた来年受けるさ。そんな感じ。

勉強するのは意外に嫌いじゃないのだけども、脳みそに記憶できないのが切ない。
つるんつるんの脳みそに必至にしがみつく記憶ちゃん達を振り落とさないように、そうろっと歩く私。げらげら。

とにかく問題をちゃんと読んでひっかからないように日本語を落ち着いて理解することと
読み返しても書き直すなよ、私。
毎回それで落としているにもかかわらず悩んで書き直してしまうのよね〜。

2度あることは3度あるのか、それとも3度目の正直なのか。
まあ上には上がいて「5回目よ」なんて人が周りにいるからステキ。

とりあえず明日の午前中で終わる。

試験が終わって家に戻ったら衣替えをして模様替えもするぞ!
試験前にいらんことしたらあかんので、一切片づけせず家の中がどえらいちらかり様。
だって片づけだしたら止まらなくなりそうだったし。

明日は掃除と模様替えだわ!!!
スポンサーサイト
00:01 | ひなた | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

久々発熱

cal13.jpg
昨日から微熱が続いている。
風邪という訳ではなさそうだけども、ずーーーーっと体がだるくて検温すると7.3℃とか。
微妙や。

いっそ8℃越えてくれたら仕事も堂々と休めるのに。

と言うわけで、夕べはカロナール2錠を持参して夜勤をしたけど、朝には熱は下がっていた。
何やったんや?
でも今日の昼からまたやんわり発熱中。
ただいま7.1℃。

微妙すぎて仕事休めず。

昼からは大学のヘルパー講座の補講があったので、3時間だけ講義して帰って来たんだけども。

よりによって試験前のこの時期に何で?
勉強のし過ぎで知恵熱?
って言うほどやってないけどさ。

明日は早出で入浴介助だし、今日は夜の訪問が終わったら速効で寝よう。
いつもならこれくらいの熱だとどうってこと無いのに、今回食欲が無いのが気持ち悪過ぎ。

8℃越えても食欲が衰えないのが私の取り柄だったのに。
これも歳ってことか?
だんだん無理の利かないお年頃なのかも。

来年はちゃんと休みを考えよう。
17:52 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

試験一週間前

cal13.jpg

幸之助はショートステイに出ていてくるみと私の女所帯だったんだけど、ある日仕事から戻ると幸之助が返品されていた。

「あんた、帰ってたんかいな」
キャロラインから「幸ちゃん放り込んでおきました。臭くなったから洗ってあげて」とメールあり。
確かに臭い。

なので早速シャンプーをした。

来週は試験なので、今ひなたは追い込み中。
わんこずにかまっておられず放ったらかしなんだけども、テーブルの下の足が冷える冷える。
なのでついにストーブ登場。
試験前に風邪ひいたら洒落にならんし。

すると洗い立ての幸之助がストーブの前にへばりついた。
121019.jpg
幸ちゃんに邪魔されて私の足下まで熱風が届かず。
相変わらず空気が読めずに邪魔な男な幸之助。

しかし私の脳みそは相変わらずつるんつるんのゆで卵状態で、一本のしわも無いって感じ。
覚えられないわーーーー。

介護福祉士を持っているから、ケアマネの試験は介護福祉分野と医療分野だけで良いのだけど、去年は介護福祉分野はクリアしたのに医療分野で一点足らずに落ちた私。号泣。

今、予想問題集をやっているんだけど、相変わらず医療分野がアカンかも。

ええよなー、看護師さんはこんなわけのわからん医療分野免除されてて。
ああもう、医者になるわけじゃないから、こんなわけのわからん医療問題やめて欲しいわ。

って文句を言いつつ、来年受けるプチリーダーな若者に「来年一緒に受けような」と今から約束している私。

今年も受かりそうにない。
そんな感じだけど、ラスト一週間、死ぬ気で頑張る予定。
でに全く受かる気がしない。
自分の頭の悪さにがっかりする今日この頃。

ま、受かるまで受けるさ。
22:50 | 幸之助 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

お散歩日和な秋の日

cal13.jpg

今日は下鴨神社で、年に2回開かれると言う手作り市の日。
私は午前中仕事だったので、午後から合流となったのだけど、みんなもうすっかり午前中で堪能していた。
なので一旦食べ物を仕入れてうちに集まり、午後からは岡崎公園で月に一度第二土曜に開催されている手作り市に行くことにした。

岡崎公園なので、わんこずも一緒に。

夕べうちに来て遅くまでかかって編み上げた帽子を早速かぶっているプチリーダーの若者。
10101401.jpg
若者は意味無く3連休だったのだけど、そのうち2日間は私らと行動を共にしていた。
相変わらず彼氏募集中な若者。
っていうか、フロア担当の看護師から言われたように
「あんた、休みにパートのおばさんらとばっかり遊んでたら、そら彼氏も出来へんわ!」って感じ。
めっちゃおもろいええ子やねんけどな。わしらといたんじゃ出会いは無いよな。
若者も「この家に無いのは男運だけですね」と、我が家を見回ししみじみ言っていたし。げらげら。

24歳女子。
ニヒル系なメガネ男子募集中!

で、岡崎公園の手作り市の帰りのショット。
12101402.jpg
どっかの家族写真の様な感じの幸之助君と若者とパートさん。

くるみは浅野(仮名)大好きなので、浅野(仮名)から離れず。
12101403.jpg

岡崎公園からの帰りに「kyoto生ショコラ」に立ち寄って生チョコを買って帰ることにした。
チョコレート屋さんの看板犬のフラットコーテッドレトリバー。
12101404.jpg
この子とてもフレンドリーなおとなしい子なんだけど、わんこ先生んちの茶太郎にはめっちゃ威嚇するらしい。
何でや?犬嫌いなのだろうか?

同じくチョコレート屋さんちの猫さん。
12101405.jpg
置物のように可愛い。

フラットが怒るといけないので、うちのわんこずは塀の影で包んで貰う間おとなしく待て。
12101406.jpg
なんだかご機嫌な幸之助君。
この後キャロラインとオレオが迎えに来て、そのままショートに行った。

今夜私は夜勤なので、久々にくるちゃんひとりぼっちでお留守番だけど、散歩で疲れて爆睡。
ええ感じや。
21:03 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ノーリフトポリシー

特養にはいろんなプロジェクトがあって、そのうちのひとつにノーリフトがある。
時々ノーリフトって聞いて「リフトを使わない」と勘違いされる人がいるんだけど、それは間違い。
っていうか真逆。

「ノーリフト」は利用者さんを「持ち上げない、つり上げない」ということで、福祉用具(リフトやシート)なんかを使って、お互いに楽な方法で移乗や移動をするということなんだな。

で、うちの特養は最近このあたりにとても予算を割いてくれていて、スライディングシートやボードは充実。
さらに近々やっと移動式リフトが導入される。
その他にもすでにスタンディングマシンなんてものも導入されていて、介護者、利用者双方にとって、とても安楽な状態でトイレ介助が出来ている。
あと「のりすけさん」という画期的な物もある。

で、毎月プロジェクトがあってメンバーはノーリフトの勉強をするんだけど、二ヶ月に一回メンバー以外も誰でも自由に参加できる研修を開いて下さる。
私みたいな中途半端な時間のパートまで参加できる有り難さ。

もちろん出来る限り参加させて貰っているんだけど、こないだは「足」がテーマ。
業者が来てそれぞれの足のサイズをきちっと測って、そのサイズに合う靴と履き方を教わった。
本来は利用者サイドの研修になるんだけど、今回は「介護士」サイドの自分に合った靴と正しい履き方で仕事をすることがいかに大事かって話。
まぁ、靴選びと履き方はそのまま利用者さんにも当てはまることだけど。

業者が来るわけなので、靴のセールスは目に見えているわけだけども、それでも十分「なるほど」という話も聞けておもしろかったり。

で、普通人間の足って、左右まったく同じって人は珍しく、足長、足幅は数ミリ、デカイひとで1㎝近く差があるもんらしい。

私の場合は足長は全く同じで足幅が左が1ミリ大きかっただけという、わりと左右差の無い足だった。
足長が同じだけでもレアらしく、先生にほめられた。
ついでに言うと足長、足幅が左右ぴったり同じなのは、100人に一人の割合らしい。
後一ミリで100人に一人だったのに惜しかったな、私。

で、そんなにバランスの良い足なんだから、今のバランスを保つ為にも、自分にあった靴を履きなさいと言われた。でも足のサイズのバランスが良くても歩き方のバランスが悪いからかよく転ぶのよね〜。
靴と履き方を替えたら転ばなくなるだろうか?

終わってから主催のPTの先生に「何かやりたいテーマはある?」と聞かれたので、足下続きで「ウオーキングやって」とリクエストしておいた。

歩き方で腰痛予防とか絶対あるはずだし。

そんな風にノーリフトの講習会は、介護士側にとっても体に優しいものなんだな。
有り難い有り難い。

ちなみにうちのPTの先生、私らの間では結構気さくな存在なんだけど、施設の外ではっていうか、ノーリフトの業界では有名人らしく、外の研修とかに行くと「え?あの先生に教わっているの?」と驚かれると若者が言っていた。

なのに施設の中ではっていうか、うちのフロアでは歌の中で呼び捨てされてしまっている気の毒さ。
すんませんなぁ〜。先生。←全く反省の色無し。
07:51 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

大盛況。

cal13.jpg
音楽会。

まぁうちのフロア20人くらいと、下から10人くらいで、全部で30人くらいかなぁと言っていたんだけど、蓋を開けてみてびっくり。
60名程の利用者さんが集まって下さった。
フロアにわんさか。

パンフレットは40部しか用意していなかったので全然足りない。嬉しい悲鳴。

吉永小百合(自称)と衣装を合わせ、PTの先生はばっちりスーツを着込みいざ出陣。
もうね、めっちゃ楽しかったわ。

飛び入り参加の利用者さんや、この日の為に一生懸命ピアノを練習してくれた利用者さん。
ピカピカ光る飾りが沢山ついた重そうな衣装を着た晴れ舞台を、わざわざ娘さんが駆けつけて下さり楽しそうに写真を撮って下さっていた。

そんな感じでめっちゃ盛り上がってあっという間の一時間だった。

「フロアじゃ狭いわ。今度はガレージで野外コンサートやわ」と主任が宣った。
こうなりゃ何でも受けてたちまっせと、張り切る私と吉永小百合(自称)。

「野外やったら衣装もっと派手にせなあかんな」と吉永小百合(自称)。
どこへ向かって行くんや、わたしらは。そんな感じ。

とりあえず次回はクリスマス会ってことで、じゃあ私と吉永小百合(自称)は天使の格好で演奏するか?ってことで羽を調達しなくちゃ。

利用者さんたちも大いに楽しんで下さったみたいで「良かったわ!またやってね」と沢山の人から声を掛けて頂いた。
っていうか、利用者さんよりやってるわたしらの方が俄然楽しかったわ。
あー、楽しかった。

音楽会も終わってとうとう言い訳が無くなり仕方ないので勉強を始めるかと。←今頃かい!!!
今年も受かりそうにないな。そんな感じ。
22:38 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

3ヶ月もかからんかも。

cal13.jpg
盲導犬のキャリアチェンジと言うことで、ある程度トレーニングされていてお利口さんだったオレオ。
わんこ先生はそのお利口さんも3ヶ月くらいもつかなと言っていたんだけど、3ヶ月どころか、たった2週間くらいで微妙になっていたんだな。

金曜からお泊まりなオレオ。
明らかに前に会った時よりコマンドの入りかが悪い。

やっぱトレーニングは続けないとあかんのね。
そんな感じ。

ただお利口な所もある。
それはくるみのお茶碗にフードが残っていても手を出さないところ。
くるみに怒られたわけではないのだけど、自分のじゃないとわかっているのか食べない。
朝から幸之助と入れ替わり立ち替わりくるみのお茶碗を覗きに来てはそのまま退場するという感じ。
おもしろい。
12100801.jpg
いつものようにくるみのお茶碗のフードを眺める幸之助。

オレオもくるみのお茶碗に入ったフードを気にしている。
1210080.jpg
でも食べようとはしない。

そして並んで「よし」の合図を待ったりして。
12100803.jpg

くるみさんは、そんなことは気にせずご飯も食べずに茶の間でくつろぐ。
12100804.jpg

お茶碗にへばりつく幸之助とオレオ。
12100805.jpg
21:07 | わんこともだち | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

盛り上がって来た音楽会準備。

cal13.jpg

私が幼稚園の頃から愛用しているマリンバのバチ。
そう、昔からずっと「バチ」と呼んでいたんだけど、正式名称があったことにこの歳になって知った。
その名は「マレット」。

さすがに年期が入っていてゴムが劣化してしまいひび割れている。
そりゃ45年も前のもんだもんな。怖い怖い。

マリンバをきっこちゃんの音楽堂に譲った時に、このバチだけは手放せなくて手元に残したんだな。
何せ幼稚園の頃からずっと一緒に練習していた子だったし。

あともうひと組、親父が毛糸を巻いてくれた物も残してある。
マリンバのマレットって、毛糸を巻いたタイプは高いので、親父が普通のゴムヘッドに毛糸を巻いて作ってくれたりした。
これがなかなか良くできていて、45年経った今でも健在だったりする。

でも木琴には毛糸タイプは音が伸びずに使えないため、ゴムヘッドばかり酷使しているんだけど、さすがにひび割れが凄い。
まぁ、ゴムなので劣化するのは仕方ないけど、とはいえ45年使えているのも凄い。
まだまだ使えるとは言え、さすがにそろそろぱっかり割れるんじゃなかろうかと冷や冷やしながら弾いている。

それで、斎藤マリンバは買えなくてもマレットくらいなら買えるわ!と、新調した。
もちろん斎藤楽器のマレット。
しかーし腐っても斎藤楽器。
マレットだけでも結構なお値段。さすがです。

本当はもっと固いタイプの101も欲しかったんだけど、まずはレギュラーで使っている103を購入。
グロッケン用のハードタイプも私が今使っている木琴にはよさげなんだけど、これまた普通のよりお値段が上がってしまうんだな。
なので今回はとりあえず103のみ。
ボーナスが出たら101とハードタイプを買おう。

しかーし、さらっぴんが到着して見比べてビックリ。
12100701.jpg
長年使っているマレットってば、ゴムが艶々やんかいさ!
練習が嫌いで嫌いでちっとも練習してなかったわりにはこんなに艶々になっていたのね。
藤枝部分も艶々。

45年の月日を感じてしまうま。
さらっぴんが何となくスッキリしすぎて貧相に見えてしまう。げらげら。

とりあえず同じ堅さが4本になったので、4本バチの曲が弾けるな。
でも木琴だけどさ。
ああ、やっぱバチを4本持って弾くならマリンバよね〜。

どっかにマリンバ落ちて無いかなぁ〜。
斎藤楽器の。

ところで、音楽会は日に日にたいそうな事になってきていて、とうとう施設長まで見学にくるとか。
うへえ、めんどくせー。

で、うちの吉永小百合(自称)が「衣装どうする?」と言って来た。
いや、衣装って、別に仕事着(ジャージ)でええやんと思ってた私なんだけど、別のフロアから飛び入り参加予定の利用者さんが「嫁に電話して赤いワンピース持って来てもろて」と言いだし、何のこっちゃと思いながら主任は家に電話を掛けたとか。
どうやら音楽会で着る衣装だったらしく、それを聞いた吉永小百合(自称)が
「利用者さんがそんだけ気合い入れてはるのに、私らが普通の格好やったらあかんやろ?ちゃんとスペシャルなイベントなんやってわかるような格好せんと」と宣う。

負けました。

そこまで利用者さんの気持ちは考えず、ただ久し振りに木琴を弾きたいなと軽い気持ちで言い出した私。
腹をくくって「わかった。じゃあ私らもドレスアップするか」となった。

で、そこはさすがに吉永小百合(自称)はピアノの先生。
仕事が終わってからわざわざ私の仕事終わりの時間に合わせてビックリするようなドレスをわんさか持ってきてくれた。

「裾を引きずるタイプのやつはさすがにいらんかと持って来なかったけど・・・」と言いつつ広げられたドレスを見て爆笑。
裾を引きずらなくても十分ドレスやし。っていうか、こんな衣装を山盛り持っている吉永小百合(自称)って凄い。
いつか豪華客船の船旅に行くことがあったら、ドレスは吉永小百合(自称)に借りよう。
そんな感じ。

で、私はつるんとした生地の青い花柄のドレスと、ファーの付いたシースルージャケットを借りることになった。

吉永小百合(自称)はワイン色のドレスになり「シルバーのパンプスにするわ」と。

しまった!靴がないかも。
ああ、こないだ、もう絶対履かないだろうと真っ白のパンプスを処分してしまった私。
こんな事になるなら置いておくんだった!!

つうことで、靴が赤か黒のパンプスしかないけど、そこはもう許して貰おう。
ってことは、顔も化粧せんとあかんよな?
うへえ、目の上に黄色腫が出来て以来化粧なんてしてないんだけども。
つまり5年くらい。
手持ちの化粧道具は使えないよな。

化粧品から買い換えるのか?
ううむ、眉毛を剃るくらいで許して貰うか。

それを夕べの夜勤で当日司会担当予定のプチリーダーの若者に報告。
「えええ?そんなたいそうな事になってるんですか?じゃあもうこうなったら本気で仮装して下さい。始まるまで衣装を利用者さんに見られないように隠れてて下さいよ!」
と言われた。

若者に司会と、当日出勤の職員の休憩の段取りを考えて貰いながら細かい打ち合わせをして、あとは当日を待つのみ。

うひゃー、何かめっちゃでかいイベントになってしまったんだけど、こけたらどうしよう?
うひゃひゃ。

さて、金曜の夜からお泊まりに来ているオレオ。
12100702.jpg
黒い子って写真を撮るのが難しい。

オレオのおもちゃを5分で破壊した幸之助君。
12100703.jpg
あんた、自分で弁償しいや。
11:13 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

うちの吉永小百合。

cal13.jpg
特養には吉永小百合さん(自称)がいる。
今回一緒に音楽会で演奏をしてくれる名ピアニストなんだけど。
これが本当に何でもすぐにこっちに合わせて弾いてくれる天才。
ちゅうか、ピアノの先生らしい。そりゃうまいわな。げらげら。

で、その人、名字も名前もどこにも「吉永小百合」とかすってないけど吉永小百合と名乗っていて、制服の名前も「吉永小百合」と書いてあるくらい。
これだけ聞いていると「痛い人?」って感じだけど、全く痛さを感じさせない不思議な魅力の持ち主で、私も素直に「吉永小百合」と呼んでいるし、今回のパンフレットにも「吉永小百合」で載せている。うひゃ。

それで、音楽会では、替え歌を作った。
吉永小百合(自称)が考案して、私がサクッと作詞を考えさせて貰った。
これが職員受けは最高なんだな。

普段の生活に出てくる人達に関しての詞で、利用者さんに簡単な鳴り物を持って貰って、歌の途中で音を出して頂く趣向になっている。
問題は利用者さん受けだけど、受けるかどうかは当日までのお楽しみ。

そんな風に連日勉強そっちのけで音楽会の準備を楽しむ私。
あきれた顔のくるみさん。
12100601.jpg
そろそろ涼しくなってきたので、夜中に私の布団を奪いやがる。
やめてよ!

そしておもちゃを散らかして飼い主に怒られている幸之助君。
12100602.jpg
出したら片付けなさいとあれほど言っているのに全然言うことを聞いてくれない。

明日からキャロライン達が旅行に出かけるので、今夜からオレオがお泊まりに来る。
お利口なオレオがうちのお馬鹿ちゃんたちの影響で、お馬鹿になって帰らないようにと思いつつ。

こないだキャロラインがわんこ病院にオレオを連れて行ったら
「まぁ3ヶ月くらいかな」とわんこ先生に言われたらしい。
何がって、わんこはとても順応性が高いので、家に慣れてくるとそれなりの暮らしというか性格というか。

つまりだんだん悪いことを覚えて普通の犬になるだろうってことらしい。
うひゃひゃ。あのお利口オレオがどんな子になるのか楽しみ。
でも先代のマヨちゃんみたいに「トド」にはすんなよと、みんなに言われているキャロライン。

トドる方に100万点。うひゃひゃ。
09:26 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

赤い夕日とBUMP OF CHICKEN

cal13.jpg

夕べはとても良い夢を見て幸せな朝を迎えた私。
うっとり。

なのに夕方、仕事で夕日に向かって車を走らせていた時、ipodから流れていたBUMP OF CHICKENを聞いて泣いてしまった。
あかんわ、私めっちゃ疲れてるわ。
そんな感じ。

っていうか、毎年秋は情緒不安定になる気がする。
いかんいかん。

気を取り直しあれこれ買い物を済ませ、やらなきゃいけない雑用が山盛りなので何とか意識を保つ。
っていうか、絶対的に試験勉強が間に合わない気がする。
去年の今頃は入院していたので、ゆっくり勉強出来たのになぁ〜。

で、幸之助は何となく復活して何事も無かったかのようにぼんやりな毎日を送っています。
いったい何やったんや?
原因がわからないってめっちゃ嫌過ぎなんだけど、まぁ元気になったのでひとまず安心って感じ?

明日は仕事が終わってから音楽会の打ち合わせがあるので、車で出勤してそのまま夜の訪問に行かなきゃ行けない感じ。
なのでわんこずのお留守番がめっちゃ長くなるけど、大丈夫かいな?
ちょっぴり不安な秋。
そんな感じ。げらげら。
20:14 | くるみ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑