バイバイ、にゃーご。

アニキィの病院にゃんこ、にゃーご君が先日永眠された。

110831.jpg
お出かけだったスタッフの帰りを待って、今日の午後、お空の上に昇って行った。
まこと良いお天気で良かったね~。

今日は大学で授業だったので、出席できなかったけど、教室の窓から比叡山の方を向いて手を合わせる。

アニキィの病院に行くと「にゃーん」と言いながら駆け寄って来て「はよとんとんしなはれ!」と催促していたにゃーご君。
とんとんの手を休めると足にまとわりつき、私の足をカリカリして「おばはん、何休んでるねん?もっととんとんしなはれ!」と休ませてくれなかったにゃーご君。

爪とぎの上にのっかると、お腹のお肉がはみ出して「餅みたいやな。餅猫や」と浅野(仮名)が嬉しそうにお腹をぽんぽんしていたにゃーご君。

調子が悪くなってからは、やせこけてとんとんするのも忍びなかったにゃーご君。

どんな犬が来てもスルーしていたのに、黒猫王子には意地悪だったにゃーご君。

わんこ先生に「猫背矯正」とか言われて背筋を伸ばされていたにゃーご君。

お空の上には伝ちゃんがいるから、伝ちゃんの尻尾でとんとんしてもらってな。
そのうち私もそっちに行くやろうから、行ったらまたとんとんしたるわな。

バイバイ、にゃんにゃん。
スポンサーサイト
23:52 | わんこともだち | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

MOP解散からちょうど一年

去年の8月29日に劇団MOPは26年の活動に終止符を打った。

私がマキノ氏に出会ったのは、まだ結婚前の21歳の頃だった。
あれからずいぶん月日が流れたもんだな。
ちょうどマキノ氏が就職を辞めて劇団を立ち上げた頃だったと思う。

その後結婚式では照明担当で活躍してくれ(今思えばマキノ氏に照明をしてもらうなんて贅沢な話だな)その後も結構「濃い付き合い」が続いた。

私はマキノ氏に出会わなければ演劇もつかこうへい氏もビートルズさえスルーした人生だったに違いない。
それくらい私の人生に多大な影響と楽しみをくれた人だなとしみじみ思う。

まぁその前にマキノ氏に出会えたのはex夫がいたからなので、そこは素直にex夫のおかげと感謝するんだけども。

で、お互いいろいろな事があり、ここ数年は一年に一度MOPの公演のときにちらっとお会いする程度だった。
それも去年でとうとう終わりとなった。

ああ、もう今年からはMOPの舞台は無いのねと寂しい毎日だったんだけど、先日マキノ氏からラスト舞台のDVDと解散前のドキュメントDVDと舞台写真が送られてきた。

わーい、わーい。
110829.jpg
おしりも解散からちょうど一年。
感慨深いものがあり、ドキュメンタリーを見て泣いてしまったんだな。

ああ、やっぱMOPは良いわぁ。

時々テレビや映画を見ていてMOPの役者さんたちを見かけると頑張ってるなぁ~と励みになると同時に「私は何やってるんだろう?」自分に残念な気持ちになる時もあるんだけど、それでも私はMOPの思い出と、一緒にかかわれた時間を誇りに、これからも笑って過ごしていけると思う。

ビバ!MOP!
そんな感じで今日も一日頑張ろう。

そんでもってMOPのドキュメンタリーを見てビィヤントのカレーが食べたくなったんだけど、ゆうべ訪問の仕事に行く途中ビィヤントの前を通りかかったらおばさんに遭遇。

時間が無かったから一瞬の立ち話だったんだけど、おばさんに会うとやっぱ食べたい。
今夜仕事の帰りにでも寄ってみるかな。うひゃ。
08:29 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ソフトバンクなんか嫌いだ。

i phoneに乗り換えて半年。
電波状況が悪く、自宅からは100%通話できず、携帯で会話をするときはいちいち外に出ていたんだけど、それでもメールにも慣れそれなりに使っていた今日この頃。

先週から大学の講座が始り、バタバタとせわしない日々な私なんだけど、こんな時にi phoneの様子がおかしくなった。

ある日突然音が聞こえなくなったのである。
「なんで?」と、あれこれやっても回復せず。
音と言っても着信音はちゃんと聞こえて、電話での通話時、相手の音がまるで聞こえなくなるのである。
でもスピーカーに切り替えると聞こえる。
だからいちいちスピーカーに切り替えていたんだけど、さすがにこれじゃ周りの人に会話がまる聞こえになり恥ずかしい。

ネットで色々調べて試したけどダメだった。
仕方なくソフトバンクに持って行ったら開口一番にお兄ちゃんが
「ここの切り替えボタンはご存知ですよね?」とマナーモードのボタンの説明をしやがった。
をい、兄ちゃん。
いくらおばはん相手でも、馬鹿にするのもええかげんにせえよ。
と、一瞬むっとして「だからね、ちゃんと私の説明聞いてくれる?音が全部聞こえないんじゃなくて、会話のときの相手の音声が聞こえないだけなのよ」と言った。
それでもお兄ちゃん「おばはん、何わけのわからんこと言うとんねん」な顔で私のi phoneを手に取った。
んでいろいろやって「本当ですね。おかしいですね」って。

だーかーらー、最初から言うとるやんけ!と心の中でちゃぶ台をひっくり返した。

んでお兄ちゃんはあれこれi phoneをリセットしたりシムカードを差し変えたりとやってくれたんだけど、回復せず。
「えーとですね。こういう場合はうちでは対応しきれないのでアップルのケアサポートに連絡してください」と、電話番号を書いたメモを渡されて終了。

がっかり。
でもまぁしかたあるまい。とおとなしくアップルのサポートに電話したら、今度はお姉ちゃん。
ソフトバンクでどんな対処をしたかを一通り聞いて「その場合、本体をこちらで引き取り確認してから新しいものをお送りすることになります」とのこと。
「その間電話が無いってことなの?」と聞いたら
「そうです」
とあっさり。
をいをい、いまどき携帯が無いのは不便ちゃうんか?
私はまだましだし、時々携帯を携帯し忘れてもまぁ良いかって済むけど、若い子なら顔面蒼白やで?

「じゃあその間は代わりの携帯借りられるの?」と聞いたら
「それはソフトバンクでそう言ってください」だと。

さすがアップルやね。
相変わらずの大名商売。
お前んちの商品の不具合でお客に迷惑をかけているにも関わらずその言い様。
長年マック信者だった私なので、今更そんなことでアップルに腹を立ててもしかたないのは分かっているけど釈然としないわ。
さらに
「いちおう確認しておきますが、お客様が水没させたり、落として壊したということはありませんよね?」ですって。
「んなことはしていません」とさすがにむっとして答えたら
「万が一当方で確認したときに水没した形跡などが見つかった場合は交換の対象外になります」と。
ああいいともさ。納得いくまで調べてくれよ。
水なんて一滴も出てこないさ!と、またしても心の中でちゃぶ台をひっくり返した。

ということで、またソフトバンクに行って「アップルに修理に出すことになったので、代替機を貸してください」と言ったらお兄ちゃんが「ちょっと待ってください。在庫の確認をしてきます」と奥へ引っ込んで行った。

そして暫くして戻ってくるなり「すみません。今全部出払っていてお貸しできる在庫がありません」ときたもんだ。
「ええ?じゃあどうすればいいの?」と言ったら
「他のソフトバンクに行ってください」ですって。
「え?それでまた行った先で在庫が無いなんていわれたらどうすんのよ?」とさすがにむっとして言っんだけど
「うちではどうしようもありませんので・・・」と困るお兄ちゃん。
「いえだからね、ここに在庫が無いのはしかたないけど、だったらどこに在庫があるか調べて貰えないの?」と言ったらなんだかもごもご言ってパンフレットを手渡すお兄ちゃん。
ソフトバンクのショップの一覧である。

これが八百屋さんなら仕方ないさ。
でもあんたとこ何の商売やねん?
情報端末を扱ってるんちゃうんか?
だったらどこにどんな在庫があるとかそういう情報を何で各店舗で共有してオンラインでさくっと調べるとかせんのや?とまたしても心の中でちゃぶ台をひっくり返した。

とはいえ、目の前のお兄ちゃんに怒ったところで状況はかわらないし、わけのわからんおばはんでクレーマーだと思われるのも気分が悪いので「もうええわ」と退散した。

ということで関係者各位。
このくそ暑く忙しい中、ソフトバンクを回って代替機を探す気力もないので、暫く携帯は通じません。

さっきアップルから派遣されてきたクロネコのお兄ちゃんが私のi phoneを連れて行きました。
新しいi phoneの到着は3,4日かかるそうです。

ですので、この間はパソコンメール、固定電話にてご連絡をお願いいたします。
また通じるようになったら連絡します。
すみません。

ところで、この一連の流れをそばで見ていた浅野(仮名)はスマートフォン乗り換えを模索していたらしいが
「やっぱソフトバンクはやめとくわ。やっぱドコモかな」と結論が出たらしい。
マック信者としてはリンゴマークは捨てがたいけど、この何かあったときの対応の悪さは無理。
ってことで、浅野(仮名)のi phone乗り換えは消えた。
13:25 | ひなた | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

駒井家住宅

ずっと近所に住んでいながら、公開日をいつも逃してまだ見ぬ憧れの住宅だった駒井家住宅。
ウィリアム・ヴォーリズが設計した住宅のひとつ。

今日なにげにそばを通りかかったら公開していた。
きゃーーーーーっ!
こりゃ行くしかないやんかいさ!
11081701.jpg
豪邸と言う表現は当てはまらない駒井家住宅。
こじんまりとした清楚な佇まい。

でもどこをみても隙がなく、居心地よく過ごす工夫とその空気感に体芯からしびれてしまう。
11081703.jpg
私のお気に入りはサンルーム。
1階と2階、どちらも最高。
11081702.jpg
さらに2階のサンルームからの景色が。。。
大文字一望って。なんて贅沢なの!!!
11081704.jpg
もちろん細かい部分も一切手を抜かないこだわり。
ガラスノブも微妙な色があってどれもうっとり。
11081705.jpg
西側の窓ガラス。
こだわりのグラデーションガラスで、西日が当たると黄金に輝くそうな。
み、見たい。
11081706.jpg
唯一残念だったのはキッチン。
当時のままの作り付けの棚や作業台は最高なんだけど。。。
11081707.jpg
なんていうか生活感が若干違和感があってちょっと残念。
こういう場所なんだから、もうちょっと家電のデザインや小物に気を使って欲しかったかも。

でもこんな家で過ごせたら、それはとても宝物のような時間になることは間違いない。
そんなおうちだった。
居心地が良いためだけに作られている。そんな気がした駒井家住宅。
良い物を見せて貰ったわ。

ウィリアム・ヴォーリズと言えば御茶ノ水の山の上ホテルも手がけたとか。
納得。
山の上ホテルは私も大好きで、一度だけ取材の時に使わせていただいたことがあった。
とても居心地の良いホテルだった。

朝、ルームサービスで頼んだフレンチトーストも最高だったな。
いまだにあそこのフレンチトーストを超える味に出会えていない。
ああ、また食べに行きたいわ~。
12:22 | おでかけ | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ほにょか

病院わんこのほにょか。
とにかくわんこ大好きで、わんこを見ると一緒に遊びたくてしかない。
それでついつい興奮しすぎて吠えてしまうんだな。

と言うわけ「アボアストップ」を装着されてしまった。
11081601.jpg
ちょっぴりブルーが入ったほにょか。

んで、ほにょかちゃん。
アボアストップを装着してたった一回でぴたりと吠えなくなった。
すごい効き目。っていうか、ほにょか頭良すぎ。

ちなみにくるみはアボアストップにもくぢけず爆吠えし続けて、あっという間にガスを出しつくていたっけな。

凄いな~。吠えるとプシュッってなるのを一回で覚えるほにょか。
アニキィの病院わんこ歴代の中でもかなり優秀な頭の良さらしい。

「ブルテリアなのに頭が良い!」
「ええなぁ、うちの幸之助はゴールデンやのにあほやわ」

どちらもレベル的には同じくらいだとしても「ゴールデンなのに頭が悪い」ってなんか残念な感じ満載。

ところでほにょかちゃんはとにかくわんこと遊びたがる。
11081602.jpg
しかもしつこい。

こないだはくるみがかなり本気で威嚇したけど全く気にせずくるみに絡んで行き、くるみが根負けしたくらい。
11081603.jpg
くるみを根負けさせるほにょかちゃん。
幸之助なんて容易いもんだ。

11081604.jpg
背中に乗りたいらしい。

パピーの体力には到底かなわない幸之助。
あっさりダウン。
11081605.jpg

するとさらにやりたい放題のほにょかちゃん。
11081606.jpg
顔を踏みつけたり耳を踏みつけたり。

最後は仲良くツーショット。
11081607.jpg

その後とあるドッグランにて、のびのび一匹でくつろぐ幸之助。
11081608.jpg

伝ちゃんも昔同じポーズでよく隣を覗いておばちゃんにパンをおねだりしていたなと、懐かしい。
11081609.jpg

そういや16日といえば大文字の送り火。
送り火と一緒に伝ちゃんはまたお空に昇って行ったのね。
ばいばい伝ちゃん。また来年ね。
23:39 | わんこともだち | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

楽しいボランティア

土曜はデイなんだけども、今日はお盆休み。

それで恩師のボランティアのお手伝いに行った。
っていうか、今日は私が行っている特養にボランティアに来てくださるので、送迎もかねてご案内。
先日は私がお手伝いに行っているデイケアにもボランティアに来てくださった。

先生はとってもハードなスケジュールなのに時間が出来ると各施設を回ってボランティア活動をされている。
全く頭が下がる思いである。

で、今までは音楽のボランティアをされていたのだけど、ここ最近は紙芝居をなさっているんだな。
それで途中で歌とか出てくるのでその伴奏をと思うのだけど、デイにも特養にも楽器がない。

簡単な曲なので電子ピアノか小さなキーボードでもあれば私でも弾ける程度なんだけど、あいにく鍵盤楽器は私も持ってないのよね。
いらないキーボードを誰か安く(←ここポイント)譲ってくれないかなぁと(もしくはくれないかなぁと)知り合いに声をかけているのだけど、まだ手に入っていない。

あと私が演奏出来るのはマリンバ。
でもマリンバはきっこちゃんの熊野の音楽堂、天女座に嫁入りして今はない。
てか、あってもでかすぎてうさぎちゃんじゃ運べない。

そこで卓上の木琴を知り合いに借りたのだけど、そこは木琴。
どんなに頑張ってもマリンバのようなやわらかい音にはならんのよね。
いちおう短いパイプはついているんだけども。木が全然違うし響きが違う。ううむ。

で、あと家にあった楽器で私がまともに演奏できるのはリコーダー。
11081302.jpg
今回はこれを持って参加。
先生との歌のキーが合わず、結局一曲だけのお手伝いになったけど、まぁしかたないか。

以前デイケアのクリスマス会で、職員全員でクリスマスソングの合奏会をしたときに買ったんだけど、360円という値段の割りにそこそこ音が出るのよね。

でも多少音程が微妙なので、やっぱ本物のリコーダーが欲しいなぁと思う今日この頃。
何で小学校で使っていたリコーダーを残していなかったんだろう、私。

で、今日のボランティア。
利用者さんには「また来てな。楽しかったわ」と手を握って喜んで貰えた。

いつも勤務中だとひとりひとりじっくりかかわることが出来ないけど、ボランティアの立場で接すると存分に利用者さんたちとかかわれて、誰よりも私が一番楽しかったかもしれない。

とにかく特養での生活は単調になりやすく、利用者さんたちはレクリエーションに飢えておられるので、もっともっと時間を作って何か出来ないかなぁと真剣に考えてしまった。

でもやっぱマリンバの音を利用者さんに楽しんで貰いたいなぁ。
それで何気にサイトを物色したら、ざっと20万ほど。一瞬で夢が消えた。

何でサマージャンボ当たらなかったんだろう?

1億円あったら、一番高いマリンバと輸送用の車が買えたのに。
がっかり。

ということで、もう一度知り合いに声をかけて、いらなくなったキーボードか電子ピアノが無いか探すことにした。

やっぱ音楽は楽しいわ。
18:34 | ひなた | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

お帰り、伝ちゃん。

今年も浅野(仮名)が自分ちの親戚と一緒に伝兵衛を連れて帰って来てくれた。
110813.jpg
この葉っぱに乗っかって伝ちゃんは帰って来ているらしい。

「やぁ伝ちゃん、久しぶり」と、お線香に火をつけてみる。
「幸ちゃん、伝ちゃん帰ってきはったで」と言っても、食べ物のお供え以外に興味を示さない幸之助はぼんやりテレビを見ていた。
「くるちゃん、伝ちゃんやで」と言っても、まるで興味なっしんぐでお風呂場に消えていった。
「あんたらも死んでもお盆には浅野(仮名)のおばちゃんが毎年連れて帰って来てくれはるかなら」と言っておいた。

そういうことで浅野から「人間の名前にしといてや。さすがにポチとかじゃお坊さんに言えへんし」ときつく言われている。

今年も伝兵衛の名前を見たお坊さんに「この人は俗名やね」と突っ込まれたことだろう。うひゃひゃ。
16日の送り火までうちにいるらしい伝ちゃん。
まぁ暑いけどのんびりしてて。
07:55 | 伝兵衛 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

退院してきた吉田君

一泊二日の入院から戻った幸之助君。
検査の結果怪しい数値があったりしたけど、ようやく回復の兆し。
原因は不明だけど、いつものぼんやりご機嫌さんに戻った。

昨日は朝から特養だったんだけど、仕事が終わって猛ダッシュで戻りくるみをわんこ病院に放り込む。
月に一度のネイルカバーの日なんだな。

ネイルカバーが登場してから、デイケアのソファーや床を掘っても傷が着かなくなった。
良かった良かった。
顔を掻き毟って流血していたけど、それもカバーのおかげで流血までには至らない。
すばらしいぞネイルカバー。
ビパ!ネイルカバー!そんな感じ。

んで、午後から樟葉の学校に用事があり出かけたのだけど、病み上がりの幸之助を家に残しておくのも不安だったので(クーラー代もかかるし←けち)連れて行った。

ちょうど日陰があったので、そこに幸之助をくくって事務所で仕事を片付けていた。
休憩時間になり受講生さんに見つかった幸之助は、なんだかんだかまってもらっていたらしい。
良かった良かった。

しかーし「幸之助」の名前から私のブログを発見してしまった受講生さん。
しまった。まさか幸之助から足が着くとは!!!

今まで「先生のブログのアドレス教えて」と、どこの学生さんに言われても「絶対イヤよ。でも発見したらメール頂戴」と言っていたのに。
うかつだったわ。

だってほら、ガラ悪い文章だからね。
これからはちょっと気取って上品な文章を心がけませう。←絶対に無理。
22:00 | 幸之助 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

今日の吉田君

幸之助は、最近キャロラインの赤い車にはすっと飛び乗るのに、わたしのウサギちゃんには嫌がって乗らない。
なので、私がいつも無理やり車に乗せるんだけども。

本当にどっちが飼い主かわからんくなってきた。げらげら。

で、キャロラインは「幸ちゃんそろそろ臭くなってきたから返すわ。洗っといてください」
だと。

なので戻ってくるたびシャンプーをする。
そしてまたショートに出かける。って、うちは銭湯かい!!
な状態。

今週はずっとうちにいるんだけどやっぱり一週間たつと香ばしくなる。
なので今朝シャンプーをた。

でもなんか様子かおかしい。
いつもぼーっとしているけど、今日はいつにもましてぼんやりしているし、全くハキがない。

さらになんだか「ぐえっ」ってえずいている。
何も変なものは食ってないけど?
まさか胃捻転か?
朝ごはんの後シャンプーはしたけど暴れてないで?

わからんので、午前中診察ぎりぎりにわんこ病院に滑り込み、診てもらった。
検査の結果、怪しいところはあるけど原因が断定できず。
様子観察が必要なんだけど、ひなたは夕方から夜は特養の仕事に行かなきゃいけないので見ていられない。
留守番させておくのも不安なので病院で預かって様子を見てもらうことになった。

くるみと違って普段おとなしいからいまいち「しんどいのか?」って見分けにくいんだけど、いつにもましてべったりくっついてきていたので、そうとうしんどかったんだろうと思われる。

やれやれ。
15:16 | 幸之助 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

改名:吉田君

キャロライン家へのショートステイもすっかり慣れて、というか、自宅よりむしろキャロラインちの方が楽しいらしい最近の幸之助君。

今では「吉田君」と呼ばれている。

そんな吉田君、先日4泊5日のショートステイから戻ってすぐ、わんこ先生から献血の依頼があったんだけど、おりしも私の夜勤の日。
私がわんこ病院に連れて行けないので、キャロラインに頼んでみたらあっさりご快諾。

仕事帰りにキャロラインちに再びショートステイに行き、そこからわんこ病院に連れて行ってもらった。
わんこ病院はキャロラインちの近所だったし、キャロラインちのわんこずもかかりつけの病院なのでおなじみさん。

献血を済ませ、バナナを貰い、何事も無かったかのようにキャロラインちへ帰って行った幸之助君(吉田君)。
翌日私が迎えに行っても車に乗るのを嫌がる始末。

あんた、まじで吉田君になるか?
そんな感じ。

そして久々に自宅に戻った吉田君。
クーラーの効いた涼しいキッチンで惰眠をむさぼる。
11080301.jpg

そして相変わらず狭いところに顔を突っ込んでくつろぐくるみさん。
11080302.jpg

このフィット感が落ち着くらしい。
11080303.jpg

そんな感じで8月になっても馬車馬な飼い主と、涼しいキッチンでだらけるわんこず。

こんな馬車馬なひなたに幸せな日は来るのか?
号泣。
20:27 | くるみ&幸之助 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑