FC2ブログ

大文字山デビュー

予定がぽしゃって時間が空いた。
めっちゃ秋晴れの良いお天気。
こりゃ日頃の運動不足解消でちょっと歩くかと。

こないだ大家さんが「家から一時間くらい」と言っていた大文字山にチャレンジすることにした。
色々なルートがあるらしいけど、銀閣寺から登るのが初心者向けとのことらしい。
くるみは相変わらず「留守番ちてまちてよ!」とバスタブに消えて行ったので、幸之助だけ連れて行く。

まずは町内会の用事で近所の若王子神社に立ち寄り、ついでに「遭難しませんように」とぱんぱん!
何せ初めての山道にチャレンジなひなたと、遭難しても絶対何の役にも立たないと思われる幸之助ペアだし。
08101601.jpg
まず登り口を探してちょっと迷う。いきなりかい!
何となく登山風な人たちが歩いて来たので、そろっと後ろから付いて行った。

そして登り口の入り口にお清め?のお水場があったんだけど、そこでちょっと怖げなおじさんに呼び止められた。
「ちょっとあんた!犬連れて行くんか?」って。
あいや、もしかして犬はダメだったのか?ってドキドキしながら
「そ、そうですけど」と言ったら
「犬が背中に背負ってるのは何や?水持ってんのか?」とおじさん。
「はい、犬用の水とおやつです」
「せやったらええけど、上に行ったら水ないからな。ちゃんと犬の水持って行ったらなあかんで」とのこと。
良かった。怒られるのかと思ったけどめっちゃ親切なおじさんだった。

山道に入ってすぐに小川発見。
08101602.jpg
伝兵衛だったら間違いなく飛び込んで出て来なかったな。
幸之助はぼんやりのぞき込んでスルー。

途中マジな山道になってちょっと心細くなったひなた。
しまったやっぱ用心棒でくるみを連れて来るべきだったか?とドキドキしながら登る。

そしてかなりへろへろになっている時、目の前に嫌がらせのように階段が現れた。
「もう無理かも」と幸之助と一緒にへばっていたら、階段を下りてきた人たちが「ここ登ったらすぐに火床ですよ」と教えて下さった。

最後の力を振り絞って階段を登ったわたしら。
登り切ったらそこにはすんばらしい景色が広がっていた。
08101603.jpg
京都市内一望。
すげーや。来て良かった。

と振り返ったら、行き倒れていた幸之助。
08101604.jpg
本当はまだ頂上じゃないのだけど、今日はこれくらいにしといたろ。
途中3回くらい休憩して、自宅から1時間ちょいくらいで到着。
08101605.jpg
しばらく休んでいたら、幼稚園の団体さんがいくつも登って来て、あっという間にちびっこだらけになった。
ちびっこに囲まれた幸之助。
程良く疲れていたせいか、飛びつくことなくじいっと座っておとなしく撫でられていた。
08101606.jpg
一人の女の子が「このリュックどこで買ったん?」と聞いてきた。
「大丸」と答えると、とても興味津々で見ていたので「ピンクのうさぎちゃんもあるねんで」と教えてあげた。
08101607.jpg
女の子の家には4頭のわんこがいるらしく、うち2頭は大型犬だとか。
しばらく機嫌良く喋っていた。

その後山を下り真幡木屋さんでお昼ご飯を食べようと思ったらちょっと時間が早くてまだ準備中だった。
時間まで忘我亭さんの前に幸之助をくくりつけ奥さんとくっちゃべっていた。
08101608.jpg
そのうち奥さんが「私も一緒にランチに行く」と、店番をほっぽりだして着いて来た。げらげら。
あいにくおばんざいランチは金・土・日のみらしく無かった。残念。
そこで一緒に頂いたフルーツカレー。
とってもフルーティーでお腹一杯。
08101609.jpg
通り過ぎる猫を必死で見つめる幸之助。
08101610.jpg
自宅に戻ったらくるみが執拗に幸之助の匂いをチェックしていた。
何で?
08101611.jpg
やー、歩いた歩いた。
でも手軽に行ける距離なのでまた行こう。
今度は是非頂上を目指してみよう。
------------------------------------------
人気ブログランキングへ
ゴールデンレトリバー
スポンサーサイト



14:08 | 幸之助 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑