FC2ブログ

琵琶湖デビューでちてよ

06041404.jpg

アカイ先生をお迎えにこられたホタパパさんに「朝の散歩」に琵琶湖へ連れて行って頂く。
なんて贅沢なお散歩なのだろう。

でも一時間もかからず行けるので、しょぼい道をとぼとぼ歩くより、30分琵琶湖で思いっきり走ったり泳いだりする方が運動にはなるよなぁ。。。

それで今日の琵琶湖は、お天気はぎりぎり大丈夫だったけど、昨日の雨の名残で水嵩が多くて波が「ここは真冬の日本海か?」な勢い。

なのにホタルちゃんは、アカイ先生とくるみを振り向きもせず、まっしぐらに飛び込んで行った。
ホタルちゃん、まじでダイブしてて、腹打ちしてた。痛くないのか?

最初はアカイ先生と一緒に遠巻きにホタルちゃんの泳ぎを見学していたくるみだったけど、そのうちちょっとチャレンジして中に入った。
でもすぐに波にあおられ戻る。気迫負け。
水に浸かったくるみは、スレンダーさが浮き彫りにされますますしょぼい犬に。

丘にいるときの走りはすでにゴールデンではなくて「お前、何犬やねん?」なすばしっこさで駆け回る。

途中興奮しすぎて呼び戻しがきかなくなったので、慌ててリードに繋ぎしばし休憩。頭を冷やさせる。

くるちゃん、久しぶりに広い場所で走り廻れて大満足。
来週の休みには貸し切りのドッグランへ連れて行ってやろう。
06041405.jpg

アカイちゃんがいなくても探さないホタル母さんは、パパさんがいなくなると不安で一杯になり、必死でパパさんを目で追う。

なのでホタルちゃんは、パパさんがいない余所でのお泊まりが出来ないそうです。

伝兵衛もくるみも、私がいなくてもそれなりにやっていける、というか、むしろ私より余所の方がご機嫌らしい。
伝兵衛なんて、迎えに行っても帰ってくれなかった前科者だったしな。
伝兵衛は明らかに私よりわんこ先生が好きだった。
どうやらくるみもその傾向なんだな。

まあ良いけどね。
スポンサーサイト



18:53 | おでかけ | comment (-) | trackback (-) | page top↑

負けそうでちてよ

06041401.jpg

くるみとアカイ先生。
長さはくるみの方が長いけど、幅がほぼ互角。
06041402.jpg

今日でお帰りになるアカイ先生に、くるみのお下がりをプレゼントして差し上げた。

やっぱ女の子は赤が可愛いや。
06041403.jpg

伝ちゃん、花ちゃん、くるみとゴールデンの子犬を迎え、さすがにゴールデンの子犬にも免疫が出来てきているので、アカイ先生程度の悪戯ではモノともしない私と浅野(仮名)。

のりこ夫人はやっぱり遊ばれていたけど、私と浅野(仮名)は、くるみと日々闘って来たので(今でも時々闘っている)いくら子犬でも容赦はない。

悪戯したアカイ先生には「おばちゃんは余所の子でもゆるさへんで」とマズルをぐいっと掴んでドスを利かせて睨む。

最初は「虐待されてるのか?」くらい大層な声を出しぴーぴー鳴いていたアカイ先生。でもどんなに大層な声を出しても決して離してくれないと理解したのか、2度目からは、マズルを掴んでも鳴かなくなった。

頭は良いらしい。でも頭が良いからと言って聞き分けが良いのはまた違う。ここで嘗められたらおしまいなので、おばちゃんたちの教育的指導は手加減なし。
ついでにくるみもおとなげなく、時々本気だして怒っていた。

それでもアカイ先生はうちにいるあいだ、ずっと私の後ろをくっついて歩いて、トイレの中までストーカーしてきた。
くるみも前の家にいた子犬の時はずっと私のストーカーだったけど、いつの頃からか私たちってとってもクールな関係になった。
久しぶりにこんなに懐かれて嬉しかった。(相手が身長185cm以上細身の男前なら尚嬉しいのだけども)

くるみとも、ずっとなんだかんだ遊んでいた。

アカイ先生、3日間楽しかったです。
毎日くるみとプロレスごっこをご苦労様でした。
有り難うございました。

またいつでもお泊まりに来て下さい。
大家さんの奥さんも「またね」とおっしゃっていました。げらげら。
18:52 | わんこともだち | comment (-) | trackback (-) | page top↑