FC2ブログ

まじっすか?

05111102.jpg

夕方出かける前にお散歩をと思って表まで出たら、なにやら人々がざわついていた。
見たら、大家さんちの表の門の上にお猿さんが一匹。かなりでかい。

あいやーと思い、遠巻きに通り過ぎようと思ったら、くるみが見つけて吠えてしまった。
お猿さんと目が合う私。
ああ、ごめんなさい。悪気は無いのよと、テレパシーを送ったが通じなかった模様。
何となくお猿さんの表情が険しくなった。

あ。まずいかも。と、爆吠えするくるみを引きずり、家の前の路地に入ったら、屋根づたいにお猿さんが後を付いてきた。
やーん、マジっすか?さすがにちょっと怖いかも。
引っかかれたら痛そう。。。なんて事を思いつつ、こういう場合って犬と一緒で走って逃げるのは良くないのかなぁ?と、とりあえず早足で自宅へ。

ああ、玄関の戸があけっぱだった!
お猿さんよりも早く家にたどり着かねばと、まじで冷や冷や。

殆ど同着だったのだけど、お猿さんはうちの玄関の屋根の上から私たちをじっと見て止まっていたので、その間にダッシュで家の中に入り戸を閉めた。

あとで、そろ~っと表に出て確かめたら、うちの屋根の上ででんっと座っていたお猿さん。

遊びたかったのか?
ごめんよ、でも怖いし。

くるみさん、玄関に逃げ込み、あんなに吠えていたくせにかなり怖かったのか、ぶるぶる震えていた。画像じゃわかりにくいけど、お嬢様かなーりへろへろな状態っす。

「怖かったら吠えるなよ、あほ」と言ったが、お嬢様放心状態で暫く玄関のところで固まっていた。
スポンサーサイト



14:30 | ひなた | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

エビ好きです。
エビの天ぷら、エビフライ、エビバーガー、エビ煎餅。
エビ味大好き。

ただーし、生はいけません。
エビ好きだからと以前甘エビを頂いたのですが、私は生物は全く受け付けず、全て知り合いにあげました。
火を通したら食べられるけど、甘エビに火を通して食べるのは勿体ないと言われたので。

一番好きなのはエビフライ。
トンカツがこの世かな消えてみどりさんが20句くらい詠んでしまうなら、私はエビフライがこの世から消えたら100句は詠みます。(負けず嫌い)

亡くなった伝ちゃんもエビフライやえびの天ぷらが大好きでした。
とは言え、彼の担当は「尻尾」だけだったのですが。
エビフライを食べていると「尻尾が貰える」とわかっているので、ぴったり横に座って涎をだらだら流して熱い視線で見つめていました。
外に食べに出ても、エビの尻尾は伝ちゃんのお土産にと、そっとティッシュに包んで持ち帰ったほどです。

くるみはいまいちエビに興味を示さず、以前尻尾をあげたけど、暫く口でもごもごしたあと吐き出しやがりました。
伝ちゃんなら喜んで食べたのにとがっかりしたものです。

でもエビの本体部分は食べました。
くるみは何処までも贅沢な女です。

以前伝兵衛を連れてスタッフたちとバーベキューに行き、見ず知らずのラブが乱入して来たことがありました。
そこで、そのラブに「サツマイモ」をあげようとしたらお芋さんには見向きもせず、まっしぐらに「ロース肉」を奪って食っていました。
肉を食ったことが無かった伝兵衛は、うまそうに肉を食べていたラブを通り過ぎ、私の前で良いお座りをして、目をきらんきらんさせて手に持った「芋」を見つめていましたっけ。

「伝兵衛!お前は安すぎるぞ!」と周りのスタッフ達が野次る中、がつがつ勝手に人んちの肉を食うラブの横で、幸せそうに芋を食っていた伝ちゃん。

くるちゃんも伝ちゃんのそういう安いところを見習って欲しかったわぁ。

ところでバトンに付き合って下さってさんくす。
それぞれにかいま見る食生活が楽しいっすね。げらげら。

あ、ケチャップと大根おろしは是非試してみて下さい。
以前コンビニさんのサイトで簡単レシピというざっくりしたレシピをご紹介していた中でも紹介させて貰ったのですが、意外に旨いですから。→こちら

ここのパスタの中に今回の大根下ろしとケチャップが出ています。
14:29 | ひなた | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑