供血仲間

左のリンクにもある、幸之助のママ違いで半年弟君の「坂之上のチビタと楓太」の楓太君が、今日供血したとmixiのマイミクさんの日記で知った。

楓太君は幸之助より体格も性格も良いし髭もまっすぐ。
供血犬としても立派にお役に立つことでしょう。
素晴らしい。

今回レシピエントも大型犬だったので、血液もたくさん必要だったらしい。
何頭かのわんちゃんがお手伝いしたとか。
本当に素晴らしい。

「供血」ということがもっと普通になって、いつでもすぐに協力してくれるわんこずが増えると助かるわんこも増えるんじゃないかなぁとぼんやり考えるひなた。

良かった良かった。
------------------------------------------
人気ブログランキングへ
ゴールデンレトリバー
スポンサーサイト
21:35 | 供血犬 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

今日の献血

今日は、バベシアで貧血っていたゴールデンさんのために献血に行った。
バベシアはダニを介在してかかるこわーい病気で下手すれば死にます。

みなさん!月に一度予防すれば済むことなので是非予防してあげてください!
かかってからでは遅いです。
何が怖いって、この病気、以前は特効薬があったのですが、現在はお国の事情で製造されていないんですよ。
まぁ、それにかわっての治療方法はあるらしいけど状況によっては厳しいことになるみたいだし。

ダニは月に一度のフロントラインで防げることなので、忘れずにフロントラインしなきゃ!
ホームセンターとかで売っているノミダニの薬もあるけど、効き目が全然違うので、草むらを走り回ったりするわんちゃんには、出来るだけフロントラインとかでダニ予防をしてあげてください!

って、別に私はフロントラインの回し者ではないんだけどさ。
でもそれだけのことで防げるんなら防ぐに越したことはないと思うし。

それで幸ちゃんは200CCの献血。
自分の血が入った輸血パックの前で御機嫌な幸之助君。
09101101.jpg
そしてその輸血パックがなんと。。。
バナナに変身!
09101102.jpg
幸之助君、バナナ相手に真剣なまなざし。
そして皮を剥いて貰っていっそう真剣に「よし」の合図を待つ。
09101103.jpg
「よし」でおもいっきり頂きます!
09101104.jpg
て、ひと口かよ!
しかもわんこ先生の手まで食う勢い。

今日も大好きなバナナとビルバックチュウを頂き御機嫌で帰ってきた。
良かった良かった。

と、うちの投薬日がすっかり過ぎていたのを思い出しあわててフロントラインをたらした飼い主。

すまんすまん。
うちがバベシアになったら洒落にならんし。
------------------------------------------
人気ブログランキングへ
ゴールデンレトリバー
16:14 | 供血犬 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

供血風景

先日わんこ先生から連絡があり、幸之助を連れて献血に行って来た。
最近すっかり沈静無しでも採血出来るようになったとはいえ、今回も数名で幸之助を囲む。
09052201.gif
まずは針担当のわんこ先生。
首から採血するので、しっかり針を抑える。

そして夜だったので、ジュニアもお手伝い。
幸之助の口先をぐいっと抑えて声をかけてくれる。

アニキィは、採血パックを時々ひっくり返してシャッフルしつつ、採血量のチェック。

私は後ろから幸之助をがしっと押さえる。

合計4名での採血となったのだけども、採血の間中幸之助はずーーーーーーーっと尻尾をぱたぱた振って一点を見ていた。

視線の先にあったのは、後でご褒美にとわんこ先生が用意してくれていたバナナ。
09052202.gif
献血の意味を全く理解せず、血を抜かれていることにも気付かずバナナを見つめていた幸之助。

伝ちゃんの骨はミモザの植木鉢に埋めたけど、幸之助が死んだら、骨はバナナの木と一緒に埋めてやろう。
でも京都でバナナは育つのか?
まあええわ。
------------------------------------------
人気ブログランキングへ
ゴールデンレトリバー
11:26 | 供血犬 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

満腹で爆睡

供血犬を育てるのが夢だったひなた。
くるみは供血向きの血液型だったけど、アジソンで断念。
幸之助は供血向きの血液型だったけど、来てすぐにパルボって死にかけ、供血犬どころがいきなり輸血して助けて貰った。

それでも一昨年は1回
去年は3回供血をさせていただいた。

そして今日、今年初の供血に行って来た。
レシピエントはひなたのブログをご存じだった方らしく「幸ちゃんの血、嬉しいです」と喜んで頂いた。

「すみません、ゆる〜い血が入りますけど。。。それにもしかしたら、曲がったヒゲが生えて来るかもしれませんけど。。。」と言ったら
「緩い幸ちゃんが好きです」ですって。
有り難い有り難い。

そのわんこさんは今日お誕生日のゴールデンちゃんで、13才だったか14才だったか。。。(すんません、適当で)
伝兵衛と同じ病気かもなので楽観は出来ないけど、飼い主さんの前向きな心意気が素敵過ぎ。
たくさん楽しくご機嫌な時間を過ごせて貰えたら嬉しいな。

それで今日は献血ってことで、おやつにバナナを食いまくり、バイト先でも色々おやつを貰いまくっていた幸之助。
献血が終わってからもバナナとおやつとごはんまで貰って食べ過ぎ。

朝からずーっと利用者さんにかまってもらい、院長に遊んでもらい、わんこ病院でもみなさんに可愛がってもらい、1日中尻尾をパタパタ振ってご機嫌さんで、家に戻ったら爆睡していた。
09030102.jpg
今回5回目だったし採血にも馴れて来たのか、最初の頃よりは随分おとなしく出来る様になったかも。
採血の間もずーっと尻尾を振っていたけど、今回はひなたの保定だけでなんとか採血出来た。
わんこ病院の茶太郎ほどじいっとは出来ないけど、幸之助にしたら上出来。

幸之助は供血を全く理解してないようだけど、とりあえずバナナがたくさん食べられてご機嫌さんな1日だった。
今年もたくさんのわんこさんの力になれたら嬉しいのだけども。
------------------------------------------
人気ブログランキングへ
ゴールデンレトリバー
23:37 | 供血犬 | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑

供血

なかなか供血犬という言葉自体も浸透しない今日この頃。
実際自分ちのわんこに輸血が必要になるまでそんなことも意識しないだろうし。
小型犬だと、貰うことはあってもあげることはまず無いだろうから、知っていてもどうしようもない。

私の希望としては、ショップでもブリーダーでも保護わんこでも、引き取る前に血液型検査をして表示して貰えると嬉しいなと思うけど、それも現実的な話ではないな。
それに実際重篤な場合だと、血液型よりクロスマッチテストでオッケーとか、場合に寄ってはクロスマッチもしていられない場合もあるので、血液型検査ってのもどうなんだろう?
と思う今日この頃。

でもまぁ、何はともあれ献血に向く血液型にこしたことはないだろうから、私は幸之助を迎える前には血液型検査をして貰った。
どうせ大型犬を飼うなら、供血犬として困っているわんこたちのお役に立てれば良いなと思っていたので。
伝ちゃんの時に輸血で助けて貰ったありがたさは身に浸みているし、幸之助も来てすぐパルボって茶太郎の血で助けて貰っている。
本当に供血犬って大事だと思う。
なにせ輸血が必要って段階ではたいてい命にかかわることになっているから。

ここのところ供血が必要なわんちゃんをネットとかで何頭か見かけ、近所なら駆けつけたいところだけど、遠くてどうしようもない場合も多い。
良い提供者が見つかることをお祈りしつつ。。。

ところで供血するにはやはりおとなしい方が良いに決まっている。
採血はたいてい首の下あたりの頸動脈からになると思われるので、暴れると無理。
そうなると麻酔や鎮静を使う場合も出てくる。

幸之助君、小さい頃から「供血犬に」と思って育てていたので病院や人には馴れていてご機嫌なのだけど嬉しすぎてじっと出来ないのである。とほほ。
ついこの間も喜び過ぎて動いてしまい、結局鎮静を使って貰った。やれやれ。

病院ワンコの茶太郎は、採血中はじっと出来るらしい。良いなぁ〜。
幸之助、セラピードッグの道も遠いけど、供血犬の道もまだ平らではなさそうな感じ。ううむ。
08080801.jpg
ところでかかりつけのわんこ病院では、最初に予防接種をしたときに手帳をくれる。
それに毎年の予防接種や、フィラリア予防、その他健康管理などをチェック出来るページがあり書き込み出来る様になっている。
08080802.jpg
この手帳なかなか便利で、私はその手帳のフリー欄に幸之助の献血状況をメモっている。
書いておかないと絶対忘れるし。
08080803.jpg
09:35 | 供血犬 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑